Interior

〈レ・クリント〉、〈アルテック〉etc。
新生活が楽しくなる、インテリア雑貨。 &selectionApril 09, 2023

〈レ・クリント〉のペンダントランプに新色がイン。

LE KLINT pendant lamp

デンマークの工房で職人によって丁寧に折られている〈レ・クリント〉のプラスチックペーパー製シェード。最もプリーツが細かいのがこの「ドーナツ」で、点灯していないときも複雑な陰影が目を奪う。新色のブラスは、上下に配された黄金色のプレートに光が反射して、あたたかな光を放つ。電球を2個使うので、光量も十分。

ペンダントランプ[∅47×H26㎝]¥176,000(スキャンデックス ☎03−3543−3453)

90周年を迎える〈アルテック〉の名作椅子から限定モデルが登場。

ARTEK wood stool

〈アルテック〉の「スツール60」は、1933年にアルヴァ・アアルトがデザインした名作。フィンランド産無垢材を素材とし、カーブ部分に切り込みを入れ、薄いベニヤ板を差し込んで曲げる独自の曲げ木技法を用いている。90周年記念限定モデル「スツール60 コントラスティ」は、脚と座面に高熱処理された濃い色のラインがあり、そのコントラストが魅力。

スツール¥39,600*4月1日発売予定(0120-610-599)

どんな料理にも合わせやすい、〈マリオン・グロー〉のプレート。

MARION GRAUX plate

パリ郊外にアトリエを構える陶芸家、マリオン・グローによるプレートは有機的な佇まいが魅力。手びねりならではの柔らかなフォルムやニュアンスのある色みが、食卓に優しいムードを運んでくれる。顔料を使わず自然由来の釉薬で仕上げられた素朴な質感は、和食にも洋食にも合わせやすく、メインからデザートまで幅広く重宝しそう。

プレート[約∅25×H1.5㎝]各¥11,000(アエル ☎03−6479−1434)

『釜浅商店』と「オサジジャーナル」が開発した、砥石専用アロマウォーター。

KAMA–ASA SHOTEN × OSAJI JOURNAL aroma water

料理道具店『釜浅商店』と、スキンケアブランド〈オサジ〉によるWEBマガジン「オサジジャーナル」が砥石専用のアロマウォーターを開発。砥石に数的垂らすことで、包丁を研ぐひとときを、心を整える時間に変えてくれる。山椒やすだちが香る”東雲”と、柚子やクロモジを合わせた”十六夜”。朝と夜をイメージしたみずみずしい2種の香りが揃う。

アロマウォーター 20㎖ 各¥3,520(釜浅商店 ☎03−3841−9355)

photo : Eri Kawamura styling : Mari Nagasaka text : Yasuko Mamiya
※この記事は、No. 113 2023年5月号「&selection」に掲載されたものです。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円