Travel

October 05, 2022 山口県・長門湯本温泉でめぐる、器の旅。 深川萩の若手陶芸家を訪ねて。

山口県 長門湯本温泉 器 旅 深川萩 若手陶芸家 &premium アンドプレミアム

 一楽二萩三唐津。これは茶人たちの間で愛されてきた焼き物の産地のこと。萩焼は松本萩、深川(ふかわ)萩と2つの窯に分かれていて、長門湯本温泉のそばにあるのが深川窯。山口県の無形文化財として名高い15代目坂倉新兵衛さんの息子、坂倉正紘さんの作品が今注目されているという。そこで深緑と登り窯の風景が美しい三ノ瀬集落を見渡せる、坂の上に佇む坂倉新兵衛窯を訪れた。
 正紘さんが見せてくれたのは、昨年、東京のグロサリーショップ『eatrip soil』で行われた、料理人・野村友里さんとのイベントのために作った薄いグリーンの器。いわゆる萩焼らしい厚みのある茶碗とは全然違う。
「もともと萩焼は民芸ではなく、毛利藩の御用窯だったんです。今もその文化を守るために茶道具を作り続けていますが、日常使いできるものからオブジェまで興味の向くまま作っています。僕は轆轤(ろくろ)の偶然の回転でできた形や釉薬の流れ具合を大事にしていて、意図ですべてをまとめないようにしています。焼き上がったときに、全然違う形や色が出るほうが嬉しいんです」
 
 

坂倉正紘さんの力強い器やオブジェ。

県指定無形文化財の15代目坂倉新兵衛さんを父に持ち、同じ場で制作に励む。坂倉新兵衛窯(坂倉正紘)▷ 山口県長門市深川湯本1487
県指定無形文化財の15代目坂倉新兵衛さんを父に持ち、同じ場で制作に励む。坂倉新兵衛窯(坂倉正紘)▷ 山口県長門市深川湯本1487
深川窯がある三ノ瀬集落には5 つの窯元が現存。
深川窯がある三ノ瀬集落には5 つの窯元が現存。
イベント用に試作した器。高台の造形美は萩茶碗に通じる上品な佇まい。
イベント用に試作した器。高台の造形美は萩茶碗に通じる上品な佇まい。
オブジェも制作。こちらは「DAIDARABOTCHI」。
オブジェも制作。こちらは「DAIDARABOTCHI」。

田原崇雄さんの繊細で美しいフォルムの器。

同じ深川窯で作陶する田原陶兵衛工房の田原崇雄さんもこの地を担う陶芸家のひとり。工房に入ると目に入ってきたのが、昔の深川窯の陶片。この破片を研究して崇雄さんが生み出したのが、美しい流白釉の作品だ。
「白釉が流れて生まれる景色が特徴の釉薬で、作品ごとに表情が違うところも見どころです。陶器は形をとどめて残っていくもの。代々続く窯だからこそ、私も父や祖父、先祖の作品と共演させてもらうことや、昔のものから強い影響を受けることもあります。こうしてまた自分の作品が受け継がれ、次の世代に伝わっていくと嬉しいですね」

田原陶兵衛工房(田原崇雄)工房にはギャラリーもあり、購入もできる。▷ 長門市深川湯本1403
田原陶兵衛工房(田原崇雄)工房にはギャラリーもあり、購入もできる。▷ 長門市深川湯本1403
屋号となっている13代 田原陶兵衛さんの息子、田原崇雄さんは茶陶などの作品だけでなく、日常で使 いやすいものも制作。七角皿 各¥6,600。
屋号となっている13代 田原陶兵衛さんの息子、田原崇雄さんは茶陶などの作品だけでなく、日常で使 いやすいものも制作。七角皿 各¥6,600。
崇雄さんが追求し続けている流白釉。萩の伝統的な藁灰釉(白釉)をベースに松灰釉を重ね掛けして、色の変化を出している。右から、鉢¥16,500、花器¥27,500。
崇雄さんが追求し続けている流白釉。萩の伝統的な藁灰釉(白釉)をベースに松灰釉を重ね掛けして、色の変化を出している。右から、鉢¥16,500、花器¥27,500。
地元である三 ノ瀬の古窯跡で見つけた古陶片を研究して、流白釉が生まれたという。ギャラリーには、様々な陶片がガラス棚に展示されている。
地元である三 ノ瀬の古窯跡で見つけた古陶片を研究して、流白釉が生まれたという。ギャラリーには、様々な陶片がガラス棚に展示されている。

深川窯で作られた、日常的な器を買いに行くなら。

正紘さんと崇雄さんらが深川窯の魅力を広めるために共に営むのが、温泉街にある『cafe&pottery 音』。同じく深川窯で作陶する坂倉善右衛門さんの作品も交え、普段使いできる器が並ぶ。

長門 cafe&pottery音 山口県 長門湯本温泉 器 旅 深川萩 若手陶芸家 &premium アンドプレミアム
「街のいろんな人の足音が聞こえてくるように」との思いを込めて、坂倉正紘さんと田原崇雄さんらが共同経営する器の店『cafe & pottery 音』。古民家を改装した店内には、二人の作品のほか、同じ深川窯の陶芸家、坂倉善右衛門さんの器も並ぶ。日常使いしやすいマグカップやプレート、花器、ランプシェードなどを販売している。カフェを併設し、音信川を望める心地いいテラスも。▷長門市深川湯本1261‒12

深川窯の器で地元の素材を使った料理を。

山口県 長門湯本温泉 器 旅 深川萩 若手陶芸家 &premium アンドプレミアム
隣にある温泉施設 『恩湯』 のリニューアルに合わせ、「温泉上がりに体にやさ しい料理を」とのコンセプトのもと、2020年にオープンしたレストラン『恩湯食』。長州どりをはじめ、地元の野菜や果実をふんだんに使っている。深川窯の器とともに提供する料理も数種あり、季節限定メニュー「黒かしわと 7 種のきのこ あ んかけ麺」(¥1,100)は坂倉善右衛門作の器に。▷ 長門市深川湯本2270‒5

恩湯を中心に生まれ変わった、長門湯本温泉。

 さて、その温泉街。2020年に生まれ変わった『恩湯』が話題だ。約600年前から続く県最古の温泉で、湯船から見えるのは、なんと神像。
「ここの泉源を所有する大寧寺。その住職と住吉神社の神様との伝説があって、住吉の神様が住職から仏法を授かった恩として地域のために使ってくださいと温泉を授けたといわれています。実は改築時にあらわになった岩盤からも温泉が湧き出していたんです。ほら、神像の下からも湧いてるでしょ」と話すのは『恩湯』のリニューアルを手がけた、旅館『大谷山荘』の代表・大谷和弘さん。源泉掛け流しの湯でパワーを享受したら、音信川と山あいの美しい風景の中、そぞろ歩きしたい。

木の香りがほんのりし、清々しい空間の休憩所。夕方には近所の人たちがひとっ風呂浴びに来る風景も。観光客だけでなく、町の人たちにとっても大切な憩いの場でもある。
木の香りがほんのりし、清々しい空間の休憩所。夕方には近所の人たちがひとっ風呂浴びに来る風景も。観光客だけでなく、町の人たちにとっても大切な憩いの場でもある。
岩盤から湧き出る湯がそのまま湯船に注がれる正真正銘の100%掛け流し温泉。「実は岩盤湧出のほかにさらにもうひとつ、浴槽の底にも泉源があるんです。そのため浴槽には段差があり、一番深い所では立った状態で胸くらいまで浸かることができます。その理由がこの湧出泉を生かすため。足元からも温泉が注がれる究極の形式で、まさに生まれたての温泉を楽しめます。また入浴を神聖な行為と捉え直し、清めの場である浴槽から洗い場が見えないように境界をつくりました」と大谷さん。
岩盤から湧き出る湯がそのまま湯船に注がれる正真正銘の100%掛け流し温泉。「実は岩盤湧出のほかにさらにもうひとつ、浴槽の底にも泉源があるんです。そのため浴槽には段差があり、一番深い所では立った状態で胸くらいまで浸かることができます。その理由がこの湧出泉を生かすため。足元からも温泉が注がれる究極の形式で、まさに生まれたての温泉を楽しめます。また入浴を神聖な行為と捉え直し、清めの場である浴槽から洗い場が見えないように境界をつくりました」と大谷さん。

海と山、そして音信川。美しい風景が宿る長門めぐり。

長門湯本温泉の中心を流れる音信川。川床が3か所あり、川のせせらぎを聞きながら休憩できる。
長門湯本温泉の中心を流れる音信川。川床が3か所あり、川のせせらぎを聞きながら休憩できる。
温泉街にはイラストレーター・わたなべろみさんの絵が点在している。駐車場のバス停の下にも発見。
温泉街にはイラストレーター・わたなべろみさんの絵が点在している。駐車場のバス停の下にも発見。
築70年の古民家を再生した『瓦そば柳屋』(長門市深川湯本1325‒1‒1F)。山口名物の瓦そば 1 人前¥1,298とは錦糸卵と牛肉がのった茶そば。つゆにつけて、さ っぱりと。写真は2 人前。テイクアウトメニューには、 注文を受けてから作る焼きたてのみたらし団子も。
築70年の古民家を再生した『瓦そば柳屋』(長門市深川湯本1325‒1‒1F)。山口名物の瓦そば 1 人前¥1,298とは錦糸卵と牛肉がのった茶そば。つゆにつけて、さ っぱりと。写真は2 人前。テイクアウトメニューには、 注文を受けてから作る焼きたてのみたらし団子も。
長門ゆずきちなど地元の素材を使ったクラフトビールの醸造所『365+ 1 (サンロクロク)BEER』(長門市深川湯本1247‒2)。タップルームも併設。
長門ゆずきちなど地元の素材を使ったクラフトビールの醸造所『365+ 1 (サンロクロク)BEER』(長門市深川湯本1247‒2)。タップルームも併設。
深川窯の若手作家の器を販売する『cafe&pottery 音』(長門市深川湯本1261‒12)。
深川窯の若手作家の器を販売する『cafe&pottery 音』(長門市深川湯本1261‒12)。
『cafe&pottery 音』の音信川沿いのテラスでお抹茶(干菓子付き、¥900)を。手作りスイーツも評判。
『cafe&pottery 音』の音信川沿いのテラスでお抹茶(干菓子付き、¥900)を。手作りスイーツも評判。
温泉街を見守るように、丘の上に佇む住吉神社。
温泉街を見守るように、丘の上に佇む住吉神社。
街情報や温泉街のお土産を仕入れるなら『おとずれ堂』 (長門市深川湯本2321‒1)へ。萩焼ギャラリーも併設。
街情報や温泉街のお土産を仕入れるなら『おとずれ堂』 (長門市深川湯本2321‒1)へ。萩焼ギャラリーも併設。
昨年60周年を迎えた老舗旅館『大谷山荘』(長門市湯本温泉2208)。露天風呂付き客室もあり、ゆっくりと温泉を堪能できる。
昨年60周年を迎えた老舗旅館『大谷山荘』(長門市湯本温泉2208)。露天風呂付き客室もあり、ゆっくりと温泉を堪能できる。
2 階では萩焼の作品を多数販売。地元でも人気があるべーカリーのパンとコーヒーを音信川沿いのテラスで味わえるプランも(要予約)。
2 階では萩焼の作品を多数販売。地元でも人気があるべーカリーのパンとコーヒーを音信川沿いのテラスで味わえるプランも(要予約)。
長門湯本温泉から車で30分ほどの場所にレトロな湯治宿が並ぶ俵山温泉がある。その麓にある小坂ゆかりさんが営む焼き菓子の店『ユーカリとタイヨウ』と、夫 ・保成さんによる珈琲焙煎所『COFFEE ROASTER YAMA』(長門市俵山5042‒2)へ。
長門湯本温泉から車で30分ほどの場所にレトロな湯治宿が並ぶ俵山温泉がある。その麓にある小坂ゆかりさんが営む焼き菓子の店『ユーカリとタイヨウ』と、夫 ・保成さんによる珈琲焙煎所『COFFEE ROASTER YAMA』(長門市俵山5042‒2)へ。
地元のよもぎを使ったスコーン¥430などをはじめ、甘すぎない焼き菓子が深煎りコーヒーによく合う。
地元のよもぎを使ったスコーン¥430などをはじめ、甘すぎない焼き菓子が深煎りコーヒーによく合う。
日本海まで足を延ばせば、元乃隅神社の鳥居の絶景が。階段を上りきった最後の鳥居の上部には賽銭箱があり、うまくお賽銭が入れば願いが叶うという。
日本海まで足を延ばせば、元乃隅神社の鳥居の絶景が。階段を上りきった最後の鳥居の上部には賽銭箱があり、うまくお賽銭が入れば願いが叶うという。
童謡詩人・金子みすゞの生まれ故郷。かまぼこ板で作られた立体モザイク画が、仙崎港近くの倉庫の壁に。
童謡詩人・金子みすゞの生まれ故郷。かまぼこ板で作られた立体モザイク画が、仙崎港近くの倉庫の壁に。
肉の間にネギではなく玉ネギを挟むのが、長門流焼き鳥。地元で愛されている名店『こうもり』(長門市東深川駅前911)へ。
肉の間にネギではなく玉ネギを挟むのが、長門流焼き鳥。地元で愛されている名店『こうもり』(長門市東深川駅前911)へ。
朝〆した長州どりを開店の14時から提供するので鮮度抜群。殻ができる前の状態を絞り出したというたまご¥154や、手羽先になる前の部位・かわ¥165など希少な部位も。初代おかみさんの味が、70年超えた今も引き継がれている。
朝〆した長州どりを開店の14時から提供するので鮮度抜群。殻ができる前の状態を絞り出したというたまご¥154や、手羽先になる前の部位・かわ¥165など希少な部位も。初代おかみさんの味が、70年超えた今も引き継がれている。
日没後にライトアップされた音信川。夜景も美しい。
日没後にライトアップされた音信川。夜景も美しい。
『THE BAR NAGATO』(長門市深川湯本1325‒1‒2F )では、地元産のジン「青舞」を使ったカクテルなども。
『THE BAR NAGATO』(長門市深川湯本1325‒1‒2F )では、地元産のジン「青舞」を使ったカクテルなども。
 

Information

ACCESS

山口宇部空港から長門湯本中心地へは車で約1 時間半。公営駐車場があるので、温泉街は徒歩でめぐることができる。長門湯本温泉を起点に、長門市の中心地へは車で約20分、元乃隅神社までは約40分。空港から電車の場合、最寄りの宇部線・草江駅から宇部駅へ行き山陽本線に乗り換え。厚狭駅で美祢線に乗り換えて長門湯本駅下車。所要時間は約2時間。福岡から直行バスも1日1往復運行。『坂倉新兵衛窯』『田原陶兵衛工房』は訪れる前に必ず連絡を。

長門温泉地図

photo:Kazumasa Harada illustration : Shinji Abe(karera)

公式サイトはこちら
Latest Issue台所、使い勝手と、心地よさ。2022.11.18 — 920円