My Standard Style by nanamica 日常に寄り添う、〈ナナミカ〉の機能的なウェア。 | Article | & Premium (アンド プレミアム)

Fashion

September 24, 2021 / 〔PR〕 My Standard Style by nanamica
日常に寄り添う、〈ナナミカ〉の機能的なウェア。

ファッションとテクノロジーを高次元で融合した、スタンダードなアイテムが揃う〈ナナミカ〉。アウトドア由来のノウハウをさりげなく取り入れたウェアは、オンとオフ、家と外を自由に行き来する新しい日常に相応しいものばかり。特に、ウィメンズのコレクションが充実した今季は、フィッティングやバランスが見直され、より一層暮らしに寄り添うライフテックウェアに進化している。なかでも、これから先ずっと長く付き合えるつくりのいいアイテムを、3組の女性が着こなした。

GORE-TEX Balmacaan Coat

玉虫色のコットンツイルに、時代を超えて愛される名品感が漂うバルマカンコート。防水透湿性のある「ゴアテックス ファブリクス」で、寒さがこたえる雨の日も軽やかな足取りをかなえてくれる。ゆとりのあるAラインシルエットやラグランスリーブは、オフィススタイルに重ねても動きやすく、仕事で忙しなく動き回る日でも快適そのもの。休みの日には、クラシックな表情を生かしながらデニムと合わせてラフに羽織るのもいい。シーンを問わず、どんなときでも活躍してくれるこのコート、本格的に寒くなる前の冬支度着として手に入れて、自分の名品になるまで長く愛したい。

 
photo01/コート¥121,000(ナナミカ/ナナミカ 代官山) その他スタイリスト私物

photo01/コート¥121,000(ナナミカ/ナナミカ 代官山) その他スタイリスト私物

ただ一枚羽織るだけでも様になる、たっぷりとしたAラインのロング丈。重厚な見た目とは裏腹に、着心地は空気をまとっているように軽やかだ。

ただ一枚羽織るだけでも様になる、たっぷりとしたAラインのロング丈。重厚な見た目とは裏腹に、着心地は空気をまとっているように軽やかだ。

表地とのコントラストが効いたチェックの裏地は、クールマックス®︎とコットンの混紡生地。〈ナナミカ〉らしく、7本のラインが入りどことなく海を感じる。

表地とのコントラストが効いたチェックの裏地は、クールマックス®︎とコットンの混紡生地。〈ナナミカ〉らしく、7本のラインが入りどことなく海を感じる。

このコートは、ニットとデニムというごくシンプルなコーディネートほど、格好のスパイスに。たちまち、こなれた雰囲気を漂わせることができる。

このコートは、ニットとデニムというごくシンプルなコーディネートほど、格好のスパイスに。たちまち、こなれた雰囲気を漂わせることができる。

Hybrid Cardigan

上質なエクストラファインメリノウールのカーディガン。肌に触れる裏面に光電子®︎ポリエステルが現れるように編み立てており、体温のような暖かさで包んでくれる。ひんやりした空気に秋の深まりを感じる朝晩も、このカーディガンがあれば心強い。コートを羽織るまでもないちょっとした外出にはもちろん、自転車で少しだけ遠出したい日にも、向かい風が冷たく感じられることもない。ヴィンテージカーからインスパイアされたフェイクスエードの切り替えデザインも、単調になりがちな秋冬のコーディネートを面白くしてくれるはず。

 
photo02/カーディガン¥31,900、Tシャツ¥9,350(ともにナナミカ/ナナミカ 代官山) その他スタイリスト私物

photo02/カーディガン¥31,900、Tシャツ¥9,350(ともにナナミカ/ナナミカ 代官山) その他スタイリスト私物

ノスタルジックな趣のパネルデザインは、角度によって異なる印象を演出。デザインは1960年代頃のアメリカ映画に登場する学生のワードローブを彷彿させる。

ノスタルジックな趣のパネルデザインは、角度によって異なる印象を演出。デザインは1960年代頃のアメリカ映画に登場する学生のワードローブを彷彿させる。

高密度ポリエステルを起毛したフェイクスエードは、本物に迫るリアリティ。鮮やかなゴールドも、和みがちなニットスタイルをモードに引き上げてくれる。

高密度ポリエステルを起毛したフェイクスエードは、本物に迫るリアリティ。鮮やかなゴールドも、和みがちなニットスタイルをモードに引き上げてくれる。

フロントはダブルファスナーで上下に開閉するため、インナーを見せる分量やシルエットの調整も思いのまま。ファスナーは樹脂製を採用している。

フロントはダブルファスナーで上下に開閉するため、インナーを見せる分量やシルエットの調整も思いのまま。ファスナーは樹脂製を採用している。

Reversible Down Coat & Regular Collar Wind Shirt

左はミリタリーライナーをデザインベースにしたリバーシブルダウンコート。薄手ながらも、光電子®︎ダウンのおかげで、息が白くなるほど寒い日も暖かく過ごせる。汗によって体が冷えることもないから、休日は思いのまま、子どもとアクティブに動き回りたい。そのまま横にもなれるくらいの柔らかさだから、ブランケットのように使い勝手がいい。右のシャツは風をはらんだようなオーバーサイズと、イージーケアのポリエステルコットンがリラクシー。ともに親子でスイッチコーデを楽しめる絶妙なサイズ感も、年齢や性別を超えて愛される〈ナナミカ〉らしい。

 
photo03/左:コート¥42,900、Tシャツ¥17,600、シャツ¥26,400、パンツ¥31,900 右:シャツ¥23,100、パンツ¥22,000(以上ナナミカ/ナナミカ 代官山) その他スタイリスト私物

photo03/左:コート¥42,900、Tシャツ¥17,600、シャツ¥26,400、パンツ¥31,900 右:シャツ¥23,100、パンツ¥22,000(以上ナナミカ/ナナミカ 代官山) その他スタイリスト私物

表地は撥水性のあるコットンツイル、裏地はリップストップのポリエステルというリバーシブル仕様。フロントはアジャストボタンでフォルムを絞ることもできる。

表地は撥水性のあるコットンツイル、裏地はリップストップのポリエステルというリバーシブル仕様。フロントはアジャストボタンでフォルムを絞ることもできる。

ダウンコートとシャツは、ともにコンフォタブルなシルエット。年齢や体型、性別を選ばないニュートラルなデザインのため、親子でシェアしてみるのもいい。

ダウンコートとシャツは、ともにコンフォタブルなシルエット。年齢や体型、性別を選ばないニュートラルなデザインのため、親子でシェアしてみるのもいい。

前の5つボタンやラウンドした裾は’50~’70年代のシャツからインスパイア。飾りのボタンホールがアクセントになったスナップボタンは、忙しい朝もすばやく身支度できる。

前の5つボタンやラウンドした裾は’50~’70年代のシャツからインスパイア。飾りのボタンホールがアクセントになったスナップボタンは、忙しい朝もすばやく身支度できる。

●問合せ/ナナミカ 東京 ☎03-5728-3266

公式サイトはこちら

photo : Madoka Kawagoe styling : Itsumi Takashina model : Riko Ko(BELLONA/photo01),Yuko(AMAZONE/photo02),Yuri & Kimi(INFINITY/photo03) text : Mikiko Manaka

 
Latest Issue器を知る、学ぶ、楽しむ。2021.10.20 — 880円