Travel

古き良き美しい町並みを探訪する。
ー 美濃・岐阜県 ーTrip around Mino from
Fairfield by MARRIOTT GIFU MINO
June 20, 2023 / 〔PR〕

ユネスコ世界無形文化遺産にも登録されている美濃和紙の町、美濃。
和紙商人が中心に築き上げた歴史ある町並みと豊かな自然に包まれた地で、
使い勝手のいい快適なホテルを拠点に、手仕事の技と温もりを感じる旅を。

MINO MAP Gifu Prefecture 美濃 岐阜県 Fairfield by MARRIOTT GIFU MINO

和紙に育まれた町で、 自然と伝統に触れる。

 岐阜県の中央にあって、清らかな長良川や板取川が流れる自然豊かな美濃市。美濃といってまず思い浮かぶのは美濃和紙。1300年以上の歴史を持つ、日本三大和紙のひとつである。商家などが昔のままの姿を残す「うだつの上がる町並み」は、江戸時代に和紙で財をなした商人たちが競うように家を建ててつくられたもの。つまり和紙とともにある町なのだ。うだつとは屋根の両端にある防災壁のこと。もっとも古い軒飾りを持つ『旧今井家住宅』をはじめ、家ごとに異なる意匠を眺めながら散策したい。立ち寄りたい店も軒を連ね、例えば、和紙原料問屋の邸宅を改装した和紙専門店『ワシナリー』には様々な和紙が、同じ敷地内にある『月星日』には岐阜県産のハーブで作るオイルやお茶などが並ぶ。斜め向かいの『松久永助紙店』は明治時代から続く老舗。ここでは紙糸で作られたアイテムを手に入れたい。また、昭和29年創業の『末広堂 美濃アイス』のモナカをはじめ、町歩きの小腹を満たすフードも充実。岐阜名物の鮎を食べたいなら『辰巳家』へ。郷土料理を復刻してアレンジした“にんめん”はここだけの味だ。
 ドライブがてら、板取川沿いの『美濃和紙の里会館』とともに訪ねたいのが、『ルクールせきや』。庭を眺めるテラスが醍醐味のカフェで、ゆっくり過ごすのもおすすめ。
 そんな美濃めぐりの拠点にしたいのは、ホテル『フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜美濃』。「うだつの上がる町並み」からも1㎞ほどで、長良川沿いというロケーション。窓の外に広がる山並みと清流の眺めがなによりの贅沢だ。隣接する『道の駅 美濃にわか茶屋』による朝食は、地元食材をふんだんに使ったお弁当。美濃の豊かな食と自然を満喫できる旅になるに違いない。

1.ワシナリー/月星日
Washi-nary/TSUKIHOSHIHI

美濃市本住町1912−1 NIPPONIA美濃商家町内 『ワシナリー』☎0575−29−6655 13:00〜17:00(土日祝10:00〜) 月火休 『月星日』☎090−3546−1212 10:00〜15:00 月火水休

ワシナリー/月星日
『ワシナリー』は美濃和紙メーカー「丸重製紙企業組合」の直営。自社の和紙のほか、美濃の手すき職人の和紙、懐紙などの小物も揃う。
『ワシナリー』は美濃和紙メーカー「丸重製紙企業組合」の直営。自社の和紙のほか、美濃の手すき職人の和紙、懐紙などの小物も揃う。
『月星日』には岐阜で採取したクロモジのアロマオイルやハーブティーなども。
『月星日』には岐阜で採取したクロモジのアロマオイルやハーブティーなども。
ともに「NIPPONIA美濃商家町」内にある。
ともに「NIPPONIA美濃商家町」内にある。

2.松久永助紙店
Matsuhisaeisukekamiten

美濃市本住町1929 ☎0575−33−0007 9:00〜17:00 土日祝不定休

松久永助紙店
紙糸は和紙を細く切って撚りあげた糸。右から紙糸を草木染で色付けしたKamito糸柱各¥550。Kamito-紙糸-アクセサリーのリングネックレス¥5,720。美濃和紙&オーガニックコットン靴下¥1,7
60、美濃和紙&備長炭靴下¥1,7
60。吸水性・吸湿性の高い紙糸で作られた靴下は蒸れにくく、夏は涼しく冬は暖かい。
紙糸は和紙を細く切って撚りあげた糸。右から紙糸を草木染で色付けしたKamito糸柱各¥550。Kamito-紙糸-アクセサリーのリングネックレス¥5,720。美濃和紙&オーガニックコットン靴下¥1,7 60、美濃和紙&備長炭靴下¥1,7 60。吸水性・吸湿性の高い紙糸で作られた靴下は蒸れにくく、夏は涼しく冬は暖かい。
美濃和紙タオルなどアイテムも豊富。
美濃和紙タオルなどアイテムも豊富。

3.末広堂 美濃アイス
Suehirodo Minoice

美濃市俵町2636 ☎0575−33−0044 9:00〜19:00 火不定休 バニラ、抹茶、あずき、きな粉、桜、柿の全6種。

末広堂 美濃アイス
和菓子職人だった初代が戦争での疎開を経て出合ったアイスに魅了され、美濃の人にも食べてもらいたいと開店したという。現在は3代目の岡本弘司さんと妻が営む。
和菓子職人だった初代が戦争での疎開を経て出合ったアイスに魅了され、美濃の人にも食べてもらいたいと開店したという。現在は3代目の岡本弘司さんと妻が営む。
無添加でひとつひとつ手作りされるアイスモナカは、シャリッとした食感の素朴で優しい味わい。バニラアイスモナカ、抹茶アイスモナカ各¥130。
無添加でひとつひとつ手作りされるアイスモナカは、シャリッとした食感の素朴で優しい味わい。バニラアイスモナカ、抹茶アイスモナカ各¥130。

4.辰巳家
Tatsumiya

美濃市東市場町2995−2 ☎0575−33−0822 11:00〜14:00 17:30〜20:00LO 不定休 完全予約制。部屋は座敷の個室のみ。

辰巳家
鮎や奥美濃古地鶏など食べたいものをリクエストして、予約時にメニューを相談するシステム。
鮎や奥美濃古地鶏など食べたいものをリクエストして、予約時にメニューを相談するシステム。
美濃鮎にんめん¥1,980。にんめんは、昭和30年代まで食べられていた鮎出汁のうどんのこと。鮎1匹を使った鮎味噌を、醤油と胡麻の2種のつけ汁に混ぜながら食べる。鮎の天ぷらと塩焼きも付く。
美濃鮎にんめん¥1,980。にんめんは、昭和30年代まで食べられていた鮎出汁のうどんのこと。鮎1匹を使った鮎味噌を、醤油と胡麻の2種のつけ汁に混ぜながら食べる。鮎の天ぷらと塩焼きも付く。

5.ルクールせきや
Le Cours Sekiya

美濃市乙狩天神下149−1 ☎0575−37−5353 12:00〜15:30(15:00LO) 土日祝9:00〜16:00(モーニング〜11:00、15:30LO) 木金休 6〜7月はユリの花などが楽しめる。

ルクールせきや
野菜や果物が盛りだくさんで期待を上回るトースト。バター・トースト¥950、アイスティー・ロイヤル¥800。ほかに自家製ケーキも人気。
野菜や果物が盛りだくさんで期待を上回るトースト。バター・トースト¥950、アイスティー・ロイヤル¥800。ほかに自家製ケーキも人気。
店主・清水由美さんの母が花を愛でるために造った別荘をカフェに。手入れが行き届いた庭の折々に咲く花が美しい。
店主・清水由美さんの母が花を愛でるために造った別荘をカフェに。手入れが行き届いた庭の折々に咲く花が美しい。

6.フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜美濃
Fairfield by MARRIOTT GIFU MINO

美濃市大字曽代字城下2001−1 チェックイン15:00/チェックアウト11:00 ¥14,520~(1泊1室、2名まで利用可能。税・サービス料込み) 全54室

フェアフィールド・
バイ・マリオット・岐阜美濃
キングとツインの2タイプが用意されている客室。広さは共に25㎡でゆったり。
キングとツインの2タイプが用意されている客室。広さは共に25㎡でゆったり。
落ち着いた雰囲気のロビーは美濃にまつわる写真で彩られている。一角にあるライブラリーには、美濃手すき和紙を採用した工芸品や関連書籍も。
落ち着いた雰囲気のロビーは美濃にまつわる写真で彩られている。一角にあるライブラリーには、美濃手すき和紙を採用した工芸品や関連書籍も。
鮎や飛騨豚など地元産の厳選素材をふんだんに使った朝食ボックス付きプランは8日前までの要予約制。
鮎や飛騨豚など地元産の厳選素材をふんだんに使った朝食ボックス付きプランは8日前までの要予約制。
地域の知られざる魅力を渡り歩く旅の拠点となる、道の駅に近接した宿泊特化型ホテルを全国に展開している(2023年5月末現在、11道府県25か所で開業・運営)。美濃ICから車で約10分。
地域の知られざる魅力を渡り歩く旅の拠点となる、道の駅に近接した宿泊特化型ホテルを全国に展開している(2023年5月末現在、11道府県25か所で開業・運営)。美濃ICから車で約10分。

Access Data

美濃市

美濃市中心部へは、車利用の場合、JR名古屋駅から約1時間、JR岐阜駅からは約30分。美濃ICで下りる。電車の場合、名古屋駅または岐阜駅から、JR美濃太田駅へ行き、長良川鉄道に乗り換え、美濃市駅で下車。所要時間は1時間45分ほど。バスの場合、岐阜駅から岐阜バス岐阜美濃線利用、うだつの町並み通りもしくは道の駅美濃にわか茶屋下車。所要時間は約1時間。

●問合せ/フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅プロジェクト ☎06−6743−4750(9:00~18:00、日祝休) 予約は公式サイト(https://fairfield-michinoeki.com)から。

photo : Kunihiro Fukumori illustration : yamyam edit&text : Mako Yamato

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 127すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。2024.05.20 — 930円