Travel

『星のや富士』の広大な森で
ゆっくり過ごす、心地いい朝。Morning in the ForestApril 20, 2023 / 〔PR〕

河口湖を望む丘陵に佇む、日本初のグランピングリゾート『星のや富士』。
約6ヘクタールもの森の中を散歩して、木漏れ日が心地いいテラスでリラックス。
おいしい朝食やコーヒーとともに、自然の中で贅沢な朝を体験できる宿へ。
ダイニングで味わう季節替わりのグリルモーニング。春は筍や菜の花など旬の食材を使ったオムレツやダッチオーブンで仕上げたもちもちの焼きたてパンが名物。星のや富士 旅 日本初 グランピングリゾート 河口湖
ダイニングで味わう季節替わりのグリルモーニング。春は筍や菜の花など旬の食材を使ったオムレツやダッチオーブンで仕上げたもちもちの焼きたてパンが名物。
森の中のテラスで、ゲストが自ら直火で焼き上げるプレスサンドとスープを味わえる「森の朝食 プレスサンド」。春は、ベーコンや蒸し鶏、筍、菜の花、チーズなどを挟んだホットサンドと、にんじんのポタージュを。
森の中のテラスで、ゲストが自ら直火で焼き上げるプレスサンドとスープを味わえる「森の朝食 プレスサンド」。春は、ベーコンや蒸し鶏、筍、菜の花、チーズなどを挟んだホットサンドと、にんじんのポタージュを。
丘陵の森にはウッドデッキが階層状に配され、その段差や切り株も和みの場所に。
丘陵の森にはウッドデッキが階層状に配され、その段差や切り株も和みの場所に。
客室は白を基調としたミニマルなインテリア。窓の向こうに広がる河口湖の美しい景色を引き立てる。
客室は白を基調としたミニマルなインテリア。窓の向こうに広がる河口湖の美しい景色を引き立てる。
アウトドアに精通するスタッフ”グランピングマスター”が淹れてくれる朝のコーヒー。粗挽きの豆を焚き火で煮出すコーヒーは、豆本来の味わいが楽しめて、後味はさっぱり。
アウトドアに精通するスタッフ”グランピングマスター”が淹れてくれる朝のコーヒー。粗挽きの豆を焚き火で煮出すコーヒーは、豆本来の味わいが楽しめて、後味はさっぱり。

山梨の旬を楽しむ朝食と森林浴で心がうるおう朝時間を満喫。

 都内から車で約2時間。河口湖を見渡す、富士山麓の静かな丘陵地に立つ『星のや富士』。グランピングをコンセプトにしたリゾートホテルとして、2015年に誕生。約6ヘクタールの広大な森には、優雅にアウトドア気分を楽しめる施設や様々なアクティビティが待っている。
 湖畔からも近いレセプションでチェックインをしたら、専用車に乗って丘の傾斜に沿って立つゲストルームへ。その客室エリアの上にあるのは、フロントとダイニングを備えるメイン棟。さらにその先に続く丘を上がると、クラウドテラスと呼ばれるエリアがある。赤松が林立する中を階層状にウッドデッキを配し、空中ベンチやチェアを設えた木漏れ日デッキや、飲み物や本を片手にのんびりくつろげるライブラリーカフェ、そして、早朝から夜まで炎が灯される焚き火ラウンジなどが点在。滞在中、ゲストはこの広い森の中を行き来しながら、思い思いにリラックスした時を過ごす。
 大自然に囲まれたこの場所だからこそ、翌朝は少し早起きをして、朝の清々しい時間をできるだけ満喫したいもの。シンプルで心地よい客室のベッドで目覚めたら、リビングのようにくつろげるテラスへ出て、河口湖の爽快な景色を眺めながら深呼吸を。そして、敷地内の散歩へ。澄んだ空気や鳥のさえずりなどを感じながらゆっくりと歩けば、体の隅々までリフレッシュし、すっきりとした気持ちに。朝食は、木立を望むダイニングでの「グリルモーニング」、アウトドア気分で味わう「森の朝食 プレスサンド」、客室で楽しむ「モーニングBOX」などから選択して、山梨で採れる野菜や果物などの旬の味を堪能。お腹が満たされたら、「焚き火ラウンジ」で淹れたてのコーヒーを。こうして森の中で迎える穏やかな朝は、しばし日常を忘れて、心がほぐれる豊かなひとときをもたらしてくれる。

ライブラリーカフェでは、山や自然、アウトドアの食文化に関する本などがセレクトされている。コーヒーやハーブティーも常備。
ライブラリーカフェでは、山や自然、アウトドアの食文化に関する本などがセレクトされている。コーヒーやハーブティーも常備。
丘の斜面に沿って、建築家・東利恵がデザインした、キャビンと呼ばれるスコープ状のゲストルームが立ち並ぶ。
丘の斜面に沿って、建築家・東利恵がデザインした、キャビンと呼ばれるスコープ状のゲストルームが立ち並ぶ。
クラウドテラスエリアの森の中には、ハンモックが点在。ゆらゆらと揺れながら、森林浴を楽しむのも心地いい。
クラウドテラスエリアの森の中には、ハンモックが点在。ゆらゆらと揺れながら、森林浴を楽しむのも心地いい。
ホテルから歩いて10分ほどで、雄大な富士山の姿を望む河口湖畔へ。「湖上の早朝カヌー」などのアクティビティもここで行われる。
ホテルから歩いて10分ほどで、雄大な富士山の姿を望む河口湖畔へ。「湖上の早朝カヌー」などのアクティビティもここで行われる。
ダイニングのグリルディナーより、メイン料理の牛サーロインと鹿ロースのグリル。コースではジビエをはじめ、野菜やフルーツなど地元産の食材をふんだんに使った、フレンチベースの料理が味わえる。
ダイニングのグリルディナーより、メイン料理の牛サーロインと鹿ロースのグリル。コースではジビエをはじめ、野菜やフルーツなど地元産の食材をふんだんに使った、フレンチベースの料理が味わえる。
昼間はマシュマロを焼いてスモア作りができる「焚き火ラウンジ」。19時からはアルコールも楽しめる「焚き火BAR」になり、21時からは「森の演奏会」を毎晩開催している。
昼間はマシュマロを焼いてスモア作りができる「焚き火ラウンジ」。19時からはアルコールも楽しめる「焚き火BAR」になり、21時からは「森の演奏会」を毎晩開催している。
星のや富士
 

山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408 ☎050−3134−8091(星のや総合予約) チェックイン15:00/チェックアウト12:00 ¥101,000〜(1泊1室。食事別。税・サービス料込み)全40室 グリルモーニング¥2,662、森の朝食 プレスサンド¥1,936、モーニングBOX¥3,388、季節の夕食・グリルディナー¥12,100(すべて税・サービス料込み)。「森の空中ストレッチ」(無料)、樹海モーニングツアー¥8,250、湖上の早朝カヌー¥6,050、コーヒーディスカバリー¥7,260などのアクティビティも充実。

日本各地の『星のや』の朝ごはんをめぐる旅へ。

日本各地に6か所展開する『星のや』では、その土地土地の特色を取り入れた、
個性豊かな朝食が楽しめるのが自慢。
宿泊者だけに許される予約不要のその贅沢な朝の味わいを目指して、
次の休日の旅先を決めるのもいい。

『星のや東京』の和朝食

『星のや東京』の和朝食

丁寧に仕立てた和の膳で、日本旅館らしさを存分に。

皇居や東京駅から程近い日本屈指のオフィス街、東京・大手町のビル群の中に佇む日本旅館。ここで食べたいのは、オリジナルの竹製のお重に入った旅館らしい朝食。焼き魚や小鉢4種、サラダといった季節替わりのおかずとともに、炊きたてのご飯と味噌汁が楽しめる。客室での提供となるため、人目や時間を気にせず、彩り豊かな和食の朝ごはんを心ゆくまでしっかりと堪能できるのが嬉しい。

HOSHINOYA Tokyo

東京都千代田区大手町1−9−1 チェックイン15:00/チェックアウト12:00 ¥112,000〜(1泊1室。食事別。税・サービス料込み) 全84室 和朝食¥4,840のほかには、2種類のカレーを中心にしたコース仕立ての夏限定の暑気払いカレー¥8,470も(ともに税・サービス料込み)。

『星のや東京』

『星のや軽井沢』の山の朝食

『星のや軽井沢』の山の朝食

野菜出汁で仕立てたメニューで、体のバランスを整えて。

浅間山麓の豊かな自然に囲まれた温泉リゾート。小川がせせらぐ森の谷間に、離れ家のように客室がゆったりと立ち並ぶ。人気の和の朝ごはん「山の朝食」は、食材を余すことなく丸ごと摂取することで、体内バランスが良くなるという「一物全体食」の考えを基に作られているもの。数種類の季節の野菜を丸ごと使った出汁で仕立てた、素材の味を存分に生かした朝食は体に染み入る優しい味わいなのも魅力。

HOSHINOYA Karuizawa

長野県軽井沢町星野 チェックイン15:00/チェックアウト12:00 ¥112,000〜(1泊1室。食事別。税・サービス料込み) 全77室 山の朝食¥4,235のほかには、客室で食べられる和朝食、洋朝食各¥4,235も(すべて税・サービス料込み)。

『星のや軽井沢』

『星のや沖縄』のシチリア朝食

『星のや沖縄』のシチリア朝食

シチリア料理のエッセンスと沖縄食材の融合を満喫。

沖縄の原風景が広がる、読谷村の海岸沿いに立つ絶好のロケーション。ここのメインダイニングで味わえるのは、「シチリア朝食」。オレンジのサラダとして親しまれるシチリアの郷土料理「インサラータアランチェ」から始まるセットは、イタリアを代表する卵料理のフリッタータやポーチドエッグ、温野菜、ソーセージのほかに、人参ジェラートを挟んだ「ブリオッシュコンジェラート」なども楽しめる。

HOSHINOYA Okinawa

沖縄県中頭郡読谷村儀間474 チェックイン15:00/チェックアウト12:00 ¥136,000〜(1泊1室。食事別。税・サービス料込み) 全100室 シチリア朝食¥4,235のほかには、琉球朝食、インルーム朝食各¥4,235も(すべて税・サービス料込み)。

『星のや沖縄』

●問合せ/星のや総合予約 ☎050−3134−8091

photo : Kazumasa Harada text : Kazuyo Nojiri

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円