Travel

奥嵐山でひとり、静かに過ごす。
悠久の時を感じる『星のや京都』へ。Peaceful StayFebruary 20, 2023 / 〔PR〕

平安貴族の別荘地として栄え、風雅な文化を育んだ嵐山。
その奥にある、自然豊かな渓流沿いに佇む『星のや京都』で
静謐なひとりの時間にとことん浸ることができる極上の休日を。
船頭が舟を操る懐かしい風情が嵐山に映える、『星のや京都』専用の屋形舟「翡翠」。優雅な内装の随所に京都の職人技の粋が感じられる。星のや京都 旅館 宿泊
船頭が舟を操る懐かしい風情が嵐山に映える、『星のや京都』専用の屋形舟「翡翠」。優雅な内装の随所に京都の職人技の粋が感じられる。
桟橋からフロントへ向かう石段にも打ち水をして、ゲストを気持ちよく迎えるおもてなしが。
桟橋からフロントへ向かう石段にも打ち水をして、ゲストを気持ちよく迎えるおもてなしが。
100年前の建築の意匠がそこかしこに残る客室「月橋」。大きな窓が切り取る四季折々の景色は絵画のよう。
100年前の建築の意匠がそこかしこに残る客室「月橋」。大きな窓が切り取る四季折々の景色は絵画のよう。

平安貴族も愛でた風景や 雅な風情を満喫できる宿へ。

 京都市の西部に位置し、春は桜、秋は紅葉の名所として知られる嵐山。大堰(おおい)川と四季折々の自然が織りなす風光明媚なこの地は、平安時代には皇族や貴族たちが別荘を構え、舟遊びや詩歌管弦などに興じたという。鎌倉時代初期にかけては藤原定家が編纂した『小倉百人一首』などの舞台となり、多くの貴族文化がこの地で花開いた。
 嵐山のランドマーク、渡月橋のたもとから専用の船に乗り、大堰川を遡ること約15分。船上から嵐峡を眺めつつ辿り着く『星のや京都』。緑豊かな渓谷沿いにひっそりと佇み、観光地の賑わいから切り離されたロケーションはまさに別世界。「水辺の私邸で時を忘れる」というコンセプトで2009年に開業した宿は、心静かに過ごしたいひとり旅にもうってつけだ。
 前身は明治創業の旅館。瀟洒な数寄屋造りの建物は、100年前の重厚な美しさを今に蘇らせながらリノベーション。敷地内には、奥嵐山の自然に調和しながら伝統とモダンを融合させた「水の庭」、燻し瓦と白砂を砂紋に見立てた枯山水「奥の庭」の2つの日本庭園も。25室ある客室はそれぞれ趣が異なり、その室礼に合わせて、寝室の壁も伝統模様を手刷りした京唐紙が彩る。全客室リバービューで、窓の外に広がる嵐峡は、春夏秋冬まるで違う表情を見せてくれる。さらに、パブリックスペースである空中茶室には、大堰川にせり出すようにしつらえたウッドデッキが。春は手が届くほどの距離で山桜の花見をしながら、野点(のだて)体験ができる特等席だ。その手前にあるライブラリーラウンジには、京都の書店『恵文社一乗寺店』がセレクトした旅にまつわる本が並ぶ。窓際のソファに腰かけて読書に耽るのもいい。さらに、貸し切りの屋形舟「翡翠」で抹茶と『老松』の和菓子を味わいながらの舟遊びや、香木の香りを楽しむ「聞香」などの風流なアクティビティも用意されている。
 また、京野菜をはじめ、地元産を中心とした食材をふんだんに使った夕食は、ダイニングでの会席料理のほか、客室で味わえる松花堂弁当も。香り高い出汁とともに旬の野菜を味わう朝鍋朝食も、客室で提供され、ゆっくりと食事ができるような心配りも嬉しい。
 日々の喧騒から離れ、悠久の時に思いを馳せながら、嵐山の自然や雅な文化に触れて、ゆったりと気ままにひとりの時間に浸る。『星のや京都』は、そんな贅沢なひとときを心ゆくまで堪能できる極上の隠れ家だ。

開放感あふれる空中茶室での野点体験はなんとも風流。和菓子は『亀屋良長』特製の「烏羽玉」。柚子、山椒味は『星のや京都』の別注。
開放感あふれる空中茶室での野点体験はなんとも風流。和菓子は『亀屋良長』特製の「烏羽玉」。柚子、山椒味は『星のや京都』の別注。
左右に客室が続く庭路地。客室の入り口には、それぞれに異なる意匠の延べ段がしつらえられている。
左右に客室が続く庭路地。客室の入り口には、それぞれに異なる意匠の延べ段がしつらえられている。
窓側の大きなソファが印象的な客室「谷霞」。のんびり寛ぎながら、本を読み耽りたくなる。
窓側の大きなソファが印象的な客室「谷霞」。のんびり寛ぎながら、本を読み耽りたくなる。
季節の食材を使った料理を、清水焼や京漆器などに盛り付けた松花堂弁当。ひとり旅のときは、他の宿泊客に気兼ねなく、客室で食事が楽しめるのは嬉しい配慮。
季節の食材を使った料理を、清水焼や京漆器などに盛り付けた松花堂弁当。ひとり旅のときは、他の宿泊客に気兼ねなく、客室で食事が楽しめるのは嬉しい配慮。
南禅寺の方丈庭園を思わせる枯山水を模した「奥の庭」。川の対岸には、百人一首で有名な小倉山を望める。
南禅寺の方丈庭園を思わせる枯山水を模した「奥の庭」。川の対岸には、百人一首で有名な小倉山を望める。
昆布と鰹からとった優しい味わいの合わせ出汁とともに、旬の野菜をたっぷりと味わい、体の中から温まる「朝鍋朝食」。シメの雑炊のおいしさも格別。
昆布と鰹からとった優しい味わいの合わせ出汁とともに、旬の野菜をたっぷりと味わい、体の中から温まる「朝鍋朝食」。シメの雑炊のおいしさも格別。
華道、茶道と並ぶ日本の伝統文化である香道。香木の香りに心を傾ける「聞香」は、室町時代に始まったという。
華道、茶道と並ぶ日本の伝統文化である香道。香木の香りに心を傾ける「聞香」は、室町時代に始まったという。
旅に関する書籍や写真集が並ぶライブラリーラウンジ。セルフサービスのお菓子や飲み物も用意されている。
旅に関する書籍や写真集が並ぶライブラリーラウンジ。セルフサービスのお菓子や飲み物も用意されている。
星のや京都 HOSHINOYA Kyoto

京都市西京区嵐山元録山町11−2 ☎050−3134−8091(星のや総合予約)
チェックイン15:00/チェックアウト12:00 ¥136,000〜(1泊1室。食事別。税・サービス料込み) 全25室 松花堂弁当¥10,285、朝鍋朝食¥4,598、屋形舟「翡翠」(1組1〜4名)¥45,000(すべて税・サービス料込み)
ウェルカムスイーツ、抹茶、松花堂弁当、庭ツアーなどがついたプラン「奥嵐山の贅沢ひとり旅」1名¥47,000(税・サービス料込み、宿泊料は別)も好評。

●問合せ/星のや総合予約 ☎050−3134−8091

photo : Yuka Uesawa text : Kazuyo Nojiri

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 125スタンダードと、センス。2024.03.19 — 930円