Event

November 18, 2022 〈エルメス〉の創造と革新を体感する、
「エルメス・イン・ザ・メイキング」展が京都市京セラ美術館で開催。

〈エルメス〉の創造と革新を体感する、 「エルメス・イン・ザ・メイキング」展が京都市京セラ美術館で開催。
©Hermès

受け継がれる〈エルメス〉のクラフトマンシップを京都の地で。

1837年にパリに工房を構えて創業してからずっと、上質でつくりがよく、伝統的なものへの確かなリスペクトがありながら常に革新性を備えたものづくりで、見るものを魅了し続けている〈エルメス〉。時代を超えて愛されるプロダクトの数々は、熟練の職人たちの丁寧な手仕事によって生み出されたものであり、そんなクラフトマンシップこそが、メゾンがずっと大切にしてきたものだ。今回、そんな〈エルメス〉の受け継がれるクラフトマンシップにフォーカスし、現在に息づくメゾンのものづくりをありのままに体感できる展覧会「エルメス・イン・ザ・メイキング」が、京都市京セラ美術館で11月22日(火)からスタートする。

「クラフトマンシップの伝統と文化」「すばらしき素材」「ものづくりの地に宿る力」「『時』はエルメスの友」の4つのセクションで構成され、職人のアトリエのような落ち着いた展示空間で迎えてくれる本展覧会。メゾンの原点である馬具作りの皮革製造の技術から派生し、織物やプリント、クリスタルや磁器、時計やジュエリーの製造まで職人とともに歩んできたクラフトマンシップ。地球への負荷をできるだけ抑え、資源の多様性の維持に貢献することを目指して選ばれた様々な素材と、そこから生み出される唯一無二のプロダクト。リヨンの絹織物やリムーザンの磁器など、ものづくりの伝統が培われてきたフランス各地に築かれた職人のネットワーク。時を経てさらに魅力を増していくようなアイテムの数々と、それを可能にする手入れや修理の職人技……。〈エルメス〉のクラフトマンシップの真髄が体感できる、特別な内容となっている。

フランスからは〈エルメス〉のさまざまなメチエ(製造部門)の職人たちが、愛用の道具や素材、そして専門知識を携えて来日し、職人技を目の当たりにすることができるだけでなく、ワークショップや体験型のアニメーション、持続可能な発展へのメゾンの取り組みを描いたドキュメンタリー「Footsteps across the World 世界をめぐる足跡」(フレデリック・ラフォン監督)シリーズの上映など、さまざまな角度からきっと楽しませてくれることだろう。

「エルメス・イン・ザ・メイキング」展は2021年のコペンハーゲンでの開催を皮切りに世界各地を巡回中。日本での会期は11月27日(日)まで。〈エルメス〉が大切にしてきたクラフトマンシップの真髄に触れられる特別な6日間をお見逃しなく。

 
©Claus Troelsgaard
©Claus Troelsgaard
©Claus Troelsgaard
©Claus Troelsgaard
 

EVENT INFORMATION

「エルメス・イン・ザ・メイキング」展

会場:京都市京セラ美術館 本館 南回廊1階(京都市左京区岡崎円勝寺町124)
会期:2022年11月22日(火)- 2022年11月27日(日)
入場料:無料
時間:10:00-18:00(入場無料/オンライン予約制)
問い合わせ:「エルメス・イン・ザ・メイキング」展 お問い合わせ窓口➿0120-375-040(10:00~18:00)

#HermesInTheMaking #エルメスインザメイキング

公式サイトはこちら
Latest Issue台所、使い勝手と、心地よさ。2022.11.18 — 920円