Fashion

November 18, 2022 / 〔PR〕 職人が手縫いで仕上げる
〈ドゥクラッセ〉“ ザ・クラス”のコートで冬じたくを。New Masterpiece by DoCLASSE the CLASSE


モダンなルックスに潜む、素材、縫製、色へのこだわり。
つくりのいい〈ドゥクラッセ〉"ザ・クラス"の
新作ウールリバーコートが、冬の装いを格上げする。

 
レザーベルトを留めて襟を立てれば、スタイリッシュな佇まいに。前を開けると、大きな襟がアクセントになりエレガントな印象へと変わる。ウールリバーならではのふっくらとした素材感が、クールな色みに柔らかさを添える。写真のモスグリーンのほか、ブラック、ベージュの全3色。カシミヤ混ウールリバーコート/スタンドカラー¥43,890 その他スタイリスト私物
レザーベルトを留めて襟を立てれば、スタイリッシュな佇まいに。前を開けると、大きな襟がアクセントになりエレガントな印象へと変わる。ウールリバーならではのふっくらとした素材感が、クールな色みに柔らかさを添える。写真のモスグリーンのほか、ブラック、ベージュの全3色。カシミヤ混ウールリバーコート/スタンドカラー¥43,890 その他スタイリスト私物

職人が手縫いで仕上げる、軽くて暖かい上質なコート。

 木枯らしが吹く冬の街を、仕立てのいい上質なコートをさらりと纏って颯爽と歩く。そんな洗練された女性像を演出してくれるのが、〈ドゥクラッセ〉のプレミアムライン“ザ・クラス”のカシミヤ混ウールリバーコートだ。

 袖を通すと、軽やかな着心地に驚くこのコート。使用しているのは、ヨーロッパのトップメゾンも採用しているという最高級のウールリバー生地。オーストラリアのジーロン地方で育った生後6か月の仔羊の羊毛から紡いだジーロンラムに、カシミヤとナイロンをブレンドし、二重織りで仕立てている。表裏で違う色合いを出すこともできるというダブルフェイス生地は、空気を含んでいるので、ふっくらとした手触り。軽量ながら、暖かさも格別だ。

 その贅沢な素材の魅力を引き出す縫製は、すべて職人によるハンドワーク。例えば、まるで縫い代がないように見える生地の端は、ダブルフェイスの生地を2枚に剥ぐように間に切り込みを入れ、内側に折り込んでまつり縫いで留めることで、ほぼ凹凸のない仕上がりに。このハンドステッチは生地の切り替え部分にも用いられ、鍛錬された技術で糸の張り具合を微調整しながら、生地を挟み込み縫い合わせていくことで、立体的でエレガントなフォルムが生み出される。こうした丁寧な手仕事によって完成するコートは、熟練の職人でも1日にわずか2枚だという。

 さらに、上品なムードを醸す美しい色合いにも秘密が。製品染めではなく、生地から染めており、その際に使われるのは硬度の低い軟水。硬水と軟水では素材の表情がずいぶん変わるため、生地に合わせて塩梅を見極めながら水の硬度を調整。柔らかくなめらかな風合いと、ニュアンスのある発色を実現している。

 コンテンポラリーなデザインの中に、こだわりが詰まった〈ザ・クラス〉のウールリバーコート。さっと羽織れば、極上の暖かさが体を包み込み、装いもクラスアップ。オンオフ、さまざまなシーンのおしゃれを品よく彩る、大人の冬のワードローブに欠かせない名品だ。

 
グレイッシュな冬の空に似たストーンカラーが、上質な素材感を引き立ててくれる。付属の共布のベルトをウエストで結べば、フェミニンなムードにも。写真のストーンのほか、キャメル、ダークピンク、ミッドナイトブルーの全4色。カシミヤ混ウールリバーコート¥43,890、イタリア糸・カシミヤ混半袖タートル オフホワイト¥7,689 その他スタイリスト私物
グレイッシュな冬の空に似たストーンカラーが、上質な素材感を引き立ててくれる。付属の共布のベルトをウエストで結べば、フェミニンなムードにも。写真のストーンのほか、キャメル、ダークピンク、ミッドナイトブルーの全4色。カシミヤ混ウールリバーコート¥43,890、イタリア糸・カシミヤ混半袖タートル オフホワイト¥7,689 その他スタイリスト私物

●問合せ/ドゥクラッセ ☎0570−003−003 https://www.doclasse.com

公式サイトはこちら

photo : Osamu Yokonami styling : Mari Nagasaka hair & make-up : Takae Kamikawa (mod’s hair)  model : Hiromi Yamamura text : Kazuyo Nojiri

Latest Issue台所、使い勝手と、心地よさ。2022.11.18 — 920円