Travel

京町家を改装し、ミラノと京都の文化を融合した『カーサ ヴァレクストラ』へ。Meet the Design & Crafts in Kyoto
by Casa Valextra
June 20, 2023 / 〔PR〕

ミラノ発のレザーアイテムブランド〈ヴァレクストラ〉が、古都の風情溢れる京都・祇園の町家で新展開。イタリアのデザインの魅力に触れ、2階のバーでゆるりと過ごす。東西の美が出合う空間へ。

〈ヴァレクストラ〉のアイコンカラー・緑を使ったミニマルなタイポグラフィが目を引く、軒先の暖簾が目印。Meet the Design & Crafts in Kyoto Casa Valextra ヴァレクストラ 京都 旅
〈ヴァレクストラ〉のアイコンカラー・緑を使ったミニマルなタイポグラフィが目を引く、軒先の暖簾が目印。
2階奥は炉畳を備えた茶室。床の間には手作業で重ねた漆黒の染料がアクセントになった「コスタ・スーツケース」がさりげなく。和の空間に調和している。Meet the Design & Crafts in Kyoto Casa Valextra ヴァレクストラ 京都 旅
2階奥は炉畳を備えた茶室。床の間には手作業で重ねた漆黒の染料がアクセントになった「コスタ・スーツケース」がさりげなく。和の空間に調和している。

和の心を今に伝える京町家で イタリアの職人技を堪能する。

 1937年にミラノで創業したレザーグッズブランド〈ヴァレクストラ〉。創業者のジョヴァンニ・フォンタナは、自ら欧州を旅する中で得たインスピレーションをもとに、アタッシェケースやハンドバッグなど、デザイン性と機能性を兼ね備えたアイテムを次々に発表。あのグレース・ケリーや、伝説のオペラ歌手、マリア・カラスなど、名だたるセレブリティを虜にしてきた。
 そして時は移り、2023年。今春ブランド初となる体験型店舗『カーサ ヴァレクストラ』が誕生した。ロケーションは古の都、日本の京都。しかも和の伝統文化が息づく祇園、芸妓や舞妓が暮らしたお茶屋建築の京町家だというから、その意外性に胸が高鳴る。
 ブランドのイメージカラー“ヴァレクストラグリーン”の暖簾をくぐり、御影石のアプローチを経たその先は、さながらイタリアンデザインの競演。フランコ・アルビニやジャンフランコ・フラッティーニといった、ミッドセンチュリーの名デザイナーの家具に、ブランドのアイコンバッグ「イジィデ」をはじめとするコレクションがディスプレイされ、ミュージアムのような空間となっている。愛らしい動物形のチャームや滑らかなシルクスカーフなど、京都限定品も見逃せない。
 さらなるサプライズは2階のサロン空間だ。6月からは『ザ・リッツ・カールトン京都』監修のスペシャルなバーとして営業。日本茶やエスプレッソを、スイーツと共にいただける。奥には祇園のメインストリート・花見小路を見下ろす茶室も備え、風情たっぷり。
 イタリアンモダンと京都の伝統が共鳴する、世界にここだけの“ヴァレクストラの家”。新たな旅の目的地に。

ブランド初のシルクスカーフ¥30,800〜。カードホルダーなどレザー小物も様々なバリエーションが揃う。
ブランド初のシルクスカーフ¥30,800〜。カードホルダーなどレザー小物も様々なバリエーションが揃う。
町家らしい”鰻の寝床”な、奥行きのある木造2階建て建築。軒先にはミッドセンチュリーのデザイナー、ガブリエラ・クレスピの「ボヘミアン72ラウンジチェア」が。Meet the Design & Crafts in Kyoto Casa Valextra ヴァレクストラ 京都 旅
ゆったりとくつろげる2階。6月からは『ザ・リッツ・カールトン京都』の『ザ・バー』の監修の下、バーとして営業し、日本茶やエスプレッソ、シャンパンも提供する。
ゆったりとくつろげる2階。6月からは『ザ・リッツ・カールトン京都』の『ザ・バー』の監修の下、バーとして営業し、日本茶やエスプレッソ、シャンパンも提供する。
アートのような持ち手の「イジィデ」¥671,000。カラーは京都の藤をイメージした限定品。
アートのような持ち手の「イジィデ」¥671,000。カラーは京都の藤をイメージした限定品。

カーサ ヴァレクストラ

Meet the Design & Crafts in Kyoto  Casa Valextra ヴァレクストラ 京都 旅

京都市東山区祇園町南側570‒8
☎075‒606‒5790 11:00~19:00 不定休
ショップ限定品以外にも、ほかの店では手に入りにくいシーズン限定色も豊富に揃う。一部のバッグを購入すると、専用ボックスをオリジナル風呂敷でラッピングするサービスも。バーのアルコール提供は14:00から。

●問合せ/ヴァレクストラ ジャパン ☎03‒5615‒2379

text : Hiroko Yabuki

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 127すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。2024.05.20 — 930円