Recommendation

vol.02 ボタニカルソーダ / October 19, 2018〔PR〕 &THE TABLES
特別イベント、参加者募集中。

& THE TABLES

食・モノ・本・コトの4つの軸を持つ
『SHISEIDO THE TABLES』。
銀座に生まれた新たなスペースから、
季節のトピックをお届けします。

EVENT

特別イベント
「エディブルフラワーを知る、味わう。 Produced by &Premium」
参加者募集中。

11月29日 19:00~20:30(2部構成)

『SHISEIDO THE TABLES』にてボタニカルシロップの作り手、井上隆太郎さんを招いて行われる『&Premium』企画のスペシャルイベント。鴨川の農園とエディブルフラワーの紹介や、エディブルフラワーを使ったドリンクやフードの試食もあります。ぜひご参加ください。

ご応募ありがとうございました。

 
※定員は30人となっています。応募が多い場合は抽選とさせていただきます。
 当選者の方々には11月15日までに、マガジンハウス担当者より連絡させていただきます。

※当日、アルコール飲料の提供を予定しています。未成年の方、妊娠中の方はご遠慮いただいています。

 

vol.02 ボタニカルソーダ

table10-main-img
香りをうつしたシロップをソーダで割る「季節のボタニカルソーダ」¥800。現在はキンモクセイ(2019年1月15日まで)。ほかに井上さんの果実を使ったソーダも。
 

季節の移ろいをとじこめたボタニカルソーダ。

どこからともなく漂ってくるキンモクセイの香りに、秋から冬へと移ろう季節を感じる。花の下で足を止めて、ふわりと広がる芳香に包まれる……。そんな季節の一瞬を舌で味わえるのが、咲いたばかりの花や果実、ハーブの香りをそのままうつしたシロップでつくる『SHISEIDO THE TABLES』のボタニカルソーダ。橙黄色の小さな花が踊るソーダを口に含むと、舌の上で香りがはじけ、キラキラとした生命力が溢れ出す。
シロップの作り手は、千葉県鴨川の里山を拠点に、自然農法で”食べられる花”=エディブルフラワーとハーブを生産する〈GRAND ROYAL green〉の井上隆太郎さん。花とグリーンを生業にして20年以上という井上さんは、5年ほど前からエディブルフラワーの可能性を感じて、鴨川に土地を借りて栽培をスタート。1500坪の温室には、ビオラやナスタチウムなど、季節ごとに多彩な花やハーブが育ち、さらに1200坪もの広さがある山に、緋桜や酔芙蓉、マグノリア、梅、黒椿など、四季折々の花が次々に咲き誇る。
今回の主役・キンモクセイは、山にある樹齢30年の大木から穫ったもの。「キンモクセイは開花期が短く、香りが強い期間はほんのわずか。咲くか咲かないかの一瞬を見計らって収穫しますが、花が小さいので収穫にも洗うのにも手間がかかる。エディブルフラワーもシロップ作りも、大切なのは鮮度。収穫してから数時間で香りがなくなるので、短時間でシロップにしています」と井上さん。
井上さんのシロップ作りの工程はとてもシンプルだ。沸騰した水に砂糖を入れて、そこによく水洗いした植物を入れ、蓋をして蒸らす。植物ごとに収穫のタイミングや花の量、蒸らす時間を調整し、えぐみや渋みが出ないようにする。「それぞれの花や葉や実が、その個性を発揮できるように、できる限りシンプルにして、季節を感じられるように心がけています」
観賞用とは異なり、食べられるように無農薬・低農薬で育てられるエディブルフラワー。生産を始めるきっかけになったのは、長年フラワーアレンジの仕事をしていくなかで、「自然のなかで、あるがままに生きている花や植物の美しさに勝るものはない」と感じるようになったこと。「自然栽培で育てられるように、できるだけ原種に近いもので、鴨川の風土に合った植物をと考えて、出した答えがエディブルフラワーとハーブでした。日本にはその土地特有の植物が多くあるので、生産だけでなく、里山の植物を採取することで、自然を健康にしていけたら」と井上さん。
そんな想いがつまったボタニカルソーダがいただけるのは、資生堂の旗艦店内に誕生したカフェ&コミュニティスペース『SHISEIDO THE TABLES』。これまでに、梅や桃、桜、レモンバーベナ、フェンネルなどのソーダが登場した。カフェのメニューは、心と体をニュートラルな状態にして、それぞれの人が持つ本来の美しさを引き出せるようにと、精進料理の精神性をベースに構成。”旬のものを手間を惜しまず調理する、余すところなくいただく”という考えをもとに、古くから種が受け継がれてきた古来種野菜など、食材本来のパワーを生かしたメニューが揃っている。
まるで宝石のような花や果実、葉をまるごと加えたドリンクは、繊細な色や形、香り、食感とともに、凝縮された自然を感じられる。少しリフレッシュしたいとき、季節の移ろいを感じながら、自然のなかであるがままに育つ植物のパワーを取り入れてみては?

table10-img01
〈GRAND ROYAL green〉の井上隆太郎さん。ウィンドーディスプレイやイベントでの生けこみ、装花やガーデンデザインを本職とするフローリストを経験。ハーブやエディブルフラワーを都内のレストランやバーに届ける。
 

SHISEIDO THE TABLES

カフェの他、本やオリジナルグッズの販売、イベントの開催なども行う。メニューは独自に考えた5つの季節「芽吹き・新緑・花ひらく・結実・蓄え」に合わせて展開。ランチには古来種野菜のお弁当・パンプレートが登場。季節の和洋菓子やソフトドリンク、アルコール類も。
シセイドウ ザ テーブルズ 東京都中央区銀座7−8−10 SHISEIDO THE STORE 4F ☎03−3571−1420 11:00〜20:00 不定休 花椿通り沿いに直通エレベーターあり。https://www.thetables.jp/
 
table-img02
EVENT

特別イベント
「エディブルフラワーを知る、味わう。 Produced by &Premium」
参加者募集中。

11月29日 19:00~20:30(2部構成)

『SHISEIDO THE TABLES』にてボタニカルシロップの作り手、井上隆太郎さんを招いて行われる『&Premium』企画のスペシャルイベント。鴨川の農園とエディブルフラワーの紹介や、エディブルフラワーを使ったドリンクやフードの試食もあります。ぜひご参加ください。

ご応募ありがとうございました。

 
※定員は30人となっています。応募が多い場合は抽選とさせていただきます。
 当選者の方々には11月15日までに、マガジンハウス担当者より連絡させていただきます。

※当日、アルコール飲料の提供を予定しています。未成年の方、妊娠中の方はご遠慮北抱いています。


 
photo : Hiroyuki Takenouchi text : Makiko Watanabe edit : Yuka Uchida