& Premium (アンド プレミアム)

Recommendation

November 20, 2018 / 〔SPONSORED〕 SERGE LUTENS GINZA


日本で初めて〈セルジュ・ルタンス〉のフラッグシップショップが銀座に誕生。
今までは断片的にしか知りえなかった”ルタンスの神秘”を
外と内から奥底まで体感できる、光と闇の世界がそこに。
photo : Naoki Seo (products), Naoko Nozu (shop) text : Naomi Yokoyama (cat)

sergelutens-main
日本初登場の新たなプレミアムコレクション。グラットシエル 全11香調[オードパルファム]100ml 「ドゥプロファンディス-深き淵より-」¥32,000

その魅力を知るほどに謎が深まる。
〈セルジュ・ルタンス〉のスパイラル。

「このラインを深く掘り下げるためには、〈セルジュ・ルタンス〉の世界を理解しておく必要がある」。新たに加わった香りのコレクション「グラットシエル」に対するルタンスの言葉である。“高層ビル”という名のこのラインは、NYの、とりわけ20世紀初頭のアールデコのビルのフォルムを意識したもの。細長い漆黒のボトルには、香りにとどまらない、ルタンスの秘密が閉じ込められている。例えば「深き淵より」。彼の説明によると、「私が生きている限り、私の『死』も生きている」。これはもはや、ルタンスからの謎かけである。
その世界を理解するうえで、フレグランスのファーストライン「セクションドール」は外せないだろう。彼自身のために作ったというこのラインは、無限をも超える新たな境地。小さく儚いカスミソウの香りも、壮大な「神々の吐息」と表される。香水だろうと化粧品だろうと、その魅惑の断片を集めるほどに、ますます深みにはまっていくではないか。まるでルタンスが仕掛けたループのように。

sergelutens-img01
ルタンスの香りの最高峰となるコレクション。セクションドール 全8香調[パルファム]50ml 「ラレンテディユ-神々の吐息-」¥50,000
sergelutens-img02
ファーアポピエール[4色入りアイシャドー]「SOMBRE ORNAMENT-暗闇の装飾-」¥15,000、ファーアレーブル[リップスティック]「360 Volts-360ボルツ-」¥8,500


sergelutens-img03
漆黒の店内に4つのフレグランスラインが贅沢に並ぶ。奥はボーテ(化粧品)のコーナー。

漆黒の空間だからこそ見えてきた、
真の世界とは何だったのか。

〈セルジュ・ルタンス〉の世界を理解したいという欲求を満たすには、もはやここに来る以外に選択肢はないだろう。日本初の旗艦店となる『セルジュ・ルタンス 銀座』
である。らせん状の階段を下りると、そこは一瞬にして外界から遮断された漆黒の世界となる。〈セルジュ・ルタンス〉の黒といえば、漆のような艶のある黒で、マットではない。ピアノのような、ロールス・ロイスのような黒ともたとえられる。パルファムのボトルやボーテのパッケージなど、この漆黒を、外からは幾度となく目にしてきた。でも今度は、その内側で漆黒に包まれるという、新たな感覚を味わうことになる。
エントランスには「グラットシエル」コレクションがNYの摩天楼さながらにディスプレイされていて、心底その名の意味が腑に落ちた。円は月を描いているのか、どことなく月見窓からのぞいているような和の感覚が湧き起こり、それもまた神秘を匂わせる。さらに店内を見渡すと、上下左右にシンメトリーのデザイン。かといってすべて規則正しいかというと、謎めいた遊びが顔を見せるなど、いい意味での裏切りも楽しい。随所に見られるアラビックな幾何学模様や折り紙のような装飾は、ルタンスにゆかりのあるモロッコと日本。混在し同調することで、また独特の空気感をなしている。
とても静謐で、神聖さまで感じる暗闇にしばらく身をおくと、見えなかったものが見えてきて、実際には存在しないものの気配すら感じるまでになってくる。そして「セクションドール」の金は、この暗闇でこそ美しく光り輝くのだと実感させられる。なるほど、ルタンスが掲げる“光と闇”は、マットな黒ではなく、この艶のある漆黒だからこそ生まれるということも。五感が研ぎ澄まされ、見えてきたのは〈セルジュ・ルタンス〉の世界だろうか。おそらくこれは、人それぞれ、自分だけが感じとる世界。またしても、ルタンスが仕掛けたループにはまってしまったかもしれない。それは彼の言う「ここから先は、あなただけのネバーエンディングストーリー」。

sergelutens-img04
エントランスには「グラットシエル」の名の由来がわかる幻想的なディスプレイ。

SERGE LUTENS GINZA

銀座4丁目交差点の程近く、中央通りより一本、東銀座寄りのあづま通り沿い。銀座の中心地でありながら、その喧騒とは一線を画すミステリアスな空間がここにある。
▷東京都中央区銀座5−9−15−B1 ☎03−5537−7813 11:00〜19:00 不定休
 
●問合せ/ザ・ギンザ お客さま窓口 ☎︎0120−500824