Recommendation

by NESPRESSO / May 19, 2018〔PR〕 The New Story & Boutique

The New Story & Boutique by NESPRESSO
 


photo : Kenya Abe text : Ikuko Hyodo edit : Ai Sakamoto


nespresso-mainimg
 

新しいコーヒー体験をここで。

カンヌ、ニューヨークなどに続き、
新コンセプトの『ネスプレッソブティック』が横浜に日本初上陸。
着るものや家具を選ぶような感覚で、対話をしながらコーヒーのショッピングを楽しもう。

 

自宅でコーヒーを楽しむ人は、味にもこだわりを持っていることが多い。本格的な味わいを手軽に楽しめる〈ネスプレッソ〉は、そんなコーヒー好きこそ注目すべき存在。アルミのカプセルに入ったコーヒーをコーヒーメーカーにセットしてボタンを押すだけで、上質なエスプレッソやルンゴ(ロングコーヒー)を淹れられるので、コーヒーのある豊かな時間を楽しみたい人にはうってつけだろう。
4月16日、横浜髙島屋にリニューアルオープンした『ネスプレッソブティック』は、新コンセプトの店舗としては日本初となる展開。従来のブティックは黒を基調にした高級感のある雰囲気だが、こちらは朝から晩まで常連が立ち寄って、コーヒーを楽しむイタリアのバールのように開放的だ。横浜らしく、壁の一部には赤レンガを採用。セールスカウンターをなくしたレイアウトもオープンな雰囲気に一役買っていて、コーヒースペシャリストと呼ばれる専門スタッフとの距離が近くなっている。
オンラインであらゆるショッピングが可能な時代だからこそ、こだわったのは実際に体験すること。〈ネスプレッソ〉のカプセルコーヒーは、24種類+αとラインナップが豊富。コーヒースペシャリストとの対話や試飲、あるいはカプセルを開封してアロマを楽しみながら、好みや気分に合ったコーヒーをコーディネートしてもらえるのだ。一杯の出合いに感動し、カプセルの形で持ち帰る、新しいコーヒー体験がここから始まる。

nespresso-img03
定番のカプセルコーヒーは24種類。数量限定のコーヒーもある。
nespresso-img02
カプセルの中身はインスタントでも液体でもなく、最適な形で焙煎・ブレンド・粉砕されたコーヒーの粉。
nespresso-img01
コーヒー粉の芳醇な香りをアロマジャーで体験。写真のテーブルトップには、抽出後のコーヒー粉を再利用している。
nespresso-img06
スタッフがオーダーをタブレットに入力。オペレーションもスムーズだ。
nespresso-img05
コーヒーを淹れる手順の少なさは、実際に見るとやはり驚き。
nespresso-img04
クレマ(泡)が美しい、淹れたての一杯。
 

ネスプレッソブティック 髙島屋横浜店

コーヒーメーカー、アクセサリー、カプセルコーヒーを販売する体験型ブティック。
横浜市西区南幸1−6−31 横浜髙島屋7F 10:00~20:00 ※営業時間および定休日は横浜髙島屋に準じる。
 

情熱と技術が詰められた一杯を。

コーヒー豆の栽培から製造・販売までトータルに関わる理由とは?
農園から一杯のカップに至るまでのストーリーを追うと、
〈ネスプレッソ〉の類いまれな情熱とこだわりが見えてくる。

nespresso-mainimg-2
nespresso-mainimg-3
コロンビア(上)とコスタリカ(下)の生産地風景。独自の持続可能品質プログラムを展開して農業改善を図り、生産者のサポートや環境保全にも努めている。
 

「煎りたて、挽きたてのコーヒーのある豊かな時間」が形になるまで。

スタイリッシュなブティックの雰囲気からは想像しにくいかもしれないが、〈ネスプレッソ〉はカプセルコーヒーや専用コーヒーメーカーを製造・販売するだけでなく、コーヒー豆の生産から焙煎、ブレンド、粉砕までを一貫して行う、世界でも珍しいコーヒーブランド。上質なコーヒー豆を持続的に確保し、生産者の生活向上に貢献することを目的とした「AAAサステイナブル・クオリティ(持続可能品質)TMプログラム」を2003年から独自に展開している。
同プログラムは品質・持続可能性・生産性という3つの基本原則を一体化した評価基準で、250以上の条件を設定。現在この基準を満たす農園と生産者は9か国7万人にも及び、2020年までに定番のコーヒーで使用されるコーヒー豆を100%持続可能品質にすることを目標としている。
世界各地の原産国で一粒一粒、人の手によって大切に収穫、精製、選別されたコーヒー豆が集められ、焙煎されるのはスイスの生産施設。アロマ、フレーバー、ボディなど、個々の持ち味を際立たせる割合でマスター・ブレンダーが組み立てていく様は、まるで調香師や錬金術師のような鮮やかさだ。焙煎、粉砕はブレンドごとに最適な方法で行われ、その鮮度を保つことができるアルミカプセルに密閉。小さなカプセルが私たちの手元に届き、抽出される瞬間までコーヒー粉が空気に触れることはなく、出来たてのおいしさが至福の一杯に凝縮されている。

nespresso-img07
コーヒーチェリー。完熟した実を見極めて、一粒ずつ丁寧に摘みとる。
nespresso-img08
コーヒー豆を天日で乾燥させて、グリーンコーヒー(生豆)を作る。
nespresso-img09
〈ネスプレッソ〉独自の基準で生豆を厳選し、豊かなアロマと深い味わいを実現する。
nespresso-img10
コーヒーの開発を行うスイス・ローザンヌの本社ラボ。熟練技で豆の個性を引き出す。
nespresso-img11
バラエティ豊富なカプセルコーヒー。
シングルオリジンから複数産地のブレンドまで数多く揃う〈ネスプレッソ〉のコーヒー。左上から時計回りに、フルーティなアロマでバランスのよい「ロサバヤ」、甘く軽やかな「ヴォリュート」、風味豊かで力強い「フォルティシオ・ルンゴ」、味わい深く、クリーミーな「アルペジオ」、濃厚でパワフルな「リストレット」。コーヒーは10カプセル(1本)から購入できる。
nespresso-img12
エッセンサ ミニ
歴代最小で置く場所を選ばず、どんなインテリアにもフィットするミニマルなデザイン。抽出量はエスプレッソとルンゴが選べる。写真のDタイプとスクエア型のCタイプの2種。カラーバリエーションも豊富。W110×D325×H205mm、重量約2.3kg、タンク容量約0.6l、¥11,000
 
●問合せ/ネスプレッソ ☎︎0120−57−3101 http://www.nespresso.com