心地よい毎日は、マツダMX-30と一緒に。 — A New Step with MX-30 | Recommendation | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

Recommendation

A New Step with MX-30 / March 19, 2021 / 〔SPONSORED〕 心地よい毎日は、マツダMX-30と一緒に。

これまでになかったスタイルとサステナブルを両立させた、マツダMX-30のEV(電気自動車)モデルが登場。新たなチャレンジを体現するそのクルマは、鎌倉に移り住み、自然体で心地よい生き方を選んだ渋木さやかさんとも通じる一台だ。

 

渋木さやか Sayaka Shibuki
ヨガ講師、ヨガライフアドバイザー。インドの伝統的なスタイルであるシヴァーナンダヨガを軸に、現代女性の心と体に響くクラスを開催。ヨガの知恵を生かした「恋愛と人間関係」のアドバイスをコラム連載やInstagramで発信中。鎌倉のビーチライフスタイルでも多くの支持を集める。

MAZDA MX-30
「私らしく生きる」をコンセプトに、乗る人のスタイルを尊重し、心地よく運転を楽しめるデザインと機能を追求。マツダ初の量産EVモデルも話題。EVモデルボディサイズ全長4,395×全幅1,795×全高1,565mm。撮影車両はMX-30 EV MODEL ¥5,016,000(税込み・有料塗装代金込み)、別途オプション装備車。なおハイブリッドモデルは¥2,420,000~(税込み)。

 
晴れた日の休日は、サーフィンが趣味の釜萢さんと一緒に海辺へ。渋木さんはヨガをしたり、子どもと遊んだり、時にはサーフィンも。
晴れた日の休日は、サーフィンが趣味の釜萢さんと一緒に海辺へ。渋木さんはヨガをしたり、子どもと遊んだり、時にはサーフィンも。

自然の尊さを感じる暮らしに、寄り添うクルマ。

 渋木さやかさんが東京から鎌倉に移り住んだのは5年前。サーフィンを愛する夫の釜萢直起さん念願の海辺ライフに寄り添った形だ。
「今は私もサーフィンをかじったり、ビーチで子どもと遊んだり、海辺の暮らしを自ら楽しむようになりました」
 ヨガ講師の渋木さんは、ビーチでのヨガをインスタライブで発信することも。ここでの挨拶の言葉は天候や潮の具合。夕陽がきれいな日は近所の人みんながビーチに出てくるという。波や風、自然を間近に感じながらの日常。
 とても仲睦まじく、寄り添いながらも独立した関係の渋木さん・釜萢さん夫妻。活動的な二人にとってそれぞれにクルマは欠かせない存在だという。
「夫はヴィンテージカーを乗り継いできたほどのクルマ好き。私は主に燃費などを重視していたのですが、夫の影響で機能もデザインも気にしだすと、クルマへの愛着が強くなりました」
「MX-30」を見て釜萢さんが最初に発した言葉は「端正な顔つきですね」。クルマ好きな彼の言葉は妙に説得力がある。それを受けて渋木さんは、「今までの日本車とは違う佇まいがある気がします。観音開きのドアとか、コルクなどの素材使いとか。その一方で親しみのある心地よさも感じます」。
 古着好きの渋木さんは、リサイクルの観点から、自らもフリーマーケットを開催。「自分が好きだったものをまた誰かが使ってくれるのが嬉しくて」「MX-30」もインテリアにはエコマテリアルを活用し、最新の設計で心地よい空間を演出。エシカルな生き方をしている渋木さんは、自然と共感を覚えたのかもしれない。最先端の技術が生み出した、未来に向けて人にも地球にもやさしいクルマは、自然の尊さを知る人の暮らしに、きっとふさわしい。

mazda-2103-img01b

「運転してみて感じるのは、クルマとの一体感」。自然体で座れるシート構造でドライバーにやさしい設計に。SUVならではの目線の高さもポイント。

mazda-2103-img02b

「休日に家族でクルマに乗るときは荷物が多いので、トランクルームの容量が十分であることと、荷物の出し入れがスムーズなことが絶対条件」

mazda-2103-img03b

材木座にあるカフェ『John』でコーヒーを調達。「素材にこだわったケーキもすぐに売り切れるほど人気。奥のギャラリーの展示もいつも素敵です」

mazda-2103-img04b

自然な腕の角度で操作できるシフトレバー。センターコンソールトレイなどに部分的に使用したコルク素材が、さりげなくやさしい空気感を生む。

mazda-2103-img05b

自宅で充電できるのもEV車ならではの魅力。「普通充電」「急速充電」の2つの充電方式を搭載し、ライフスタイルに合わせて選べるのも嬉しい。

mazda-2103-img06b

シートの素材には、ペットボトルのリサイクル原料やリサイクルファブリック、人工皮革と、徹底してエコマテリアルを使用。

●問合せ/マツダ㈱コールセンター ☎︎0120‒386‒919(受付時間:9:00~17:00 土日祝9:00~12:00 13:00~17:00)

公式サイトはこちら

photo : Masanori Kaneshita text : Naomi Yokoyama (cat)