Recommendation

by MARGARET HOWELL / May 19, 2018〔PR〕 & Essential Things

& Essential Things

by MARGARET HOWELL

〈マーガレット・ハウエル〉のつくりの良さを、さまざまなクリエイターが紹介する連載シリーズ。
今季3回目は、ディレクターの引田舞さん。『ギャラリーフェブ』を営む母親のかおりさんと登場です。

photo : Akiko Baba edit & text : Chizuru Atsuta
 

Gingham Linen Shirt × Mai Hikita

essentialthings55-01img
Gingham Linen Shirt
大きめのギンガムチェックが目を引く、先染めリネン素材のシャツ。フィニッシュで強めのタンブラーをかけることにより、素材のコシを柔らかくし、ドライな風合いを引き出している。さらりとした涼しげな質感で、肌触りも心地よい。
ギンガムリネンシャツ¥24,000

ディテールにこだわった
マニッシュなリネンシャツ。

店舗などのディレクションを手がける引田舞さんは、吉祥寺にある『ギャラリーフェブ』のオーナー、引田ターセンさん、かおりさん夫妻の長女。実は〈マーガレット・ハウエル〉で働いていた元スタッフでもある。きっかけは、舞さんが20代の頃、かおりさんのクローゼットから、何げなく借りた黒いプリーツスカート。それは10年以上前の〈マーガレット・ハウエル〉のものだった。
「母は当時からよく店に通っていたようですが、私はブランド名も知らなくて。でも、今までにないはき心地で感動したのを覚えています。普遍的なデザインで、長く使えるものとはこういうものだと知りました」
その後、ブランドで働きたいと思い念願叶って入社。6年ほど勤めた。
「辞めた後も〈マーガレット・ハウエル〉のマニッシュなスタイルは変わらず好きですね。このリネンシャツのように身幅や襟などディテールのこだわりに、徹底した哲学を感じます。派手に作って格好よく見せるのは簡単なこと。シンプルでカッコイイことがいかに難しいか、年を重ねてわかるようになりました」
現在は家具など新旧幅広く買い付けをする舞さん。その仕事には、〈マーガレット・ハウエル〉を教えてくれたかおりさんの影響も大きい。
「ギャラリーの手伝いをしながら、日常的に”いいもの”に触れることができたのは母のおかげですね」
暮らしに対する意識が高いかおりさんの自宅では、〈マーガレット・ハウエル ハウスホールドグッズ〉も愛用。毎日を気持ちよく過ごすためのプロダクトはシンプルで、無駄がなく、長く使えるものばかり。
「母は『家を整えて心地よくしていれば家族はバラバラにならない』とよく言っていました。温かいごはんがあり、綺麗なシーツがあれば、みんな家に帰りたくなるからと」
舞さんは身に着ける服だけでなく、丁寧に暮らしと向き合う姿勢もまた、かおりさんから教わった。


引田 舞
CIRCUS主宰・ディレクター
アパレルのプレスアシスタント、ラジオの構成作家を経て、現在は夫の鈴木善雄さんとCIRCUSを主宰。東京・新木場の複合施設CASICAのディレクションなどを担当。
essentialthings55-02img
Sailor Trousers
薄手で適度なラフさのある、コットンリネンツイル素材を使用したセーラートラウザーズ。今季は展開するスタイルに合わせて生地のフィニッシュを変えて、ドライなテクスチャーでクリーンな印象に仕上げている。
セーラートラウザーズ¥25,000、〈MHL〉のベルト¥13,000
Gingham Linen Shirt
前開き部分に配した太めのステッチがデザインポイントで、大きすぎず、小さすぎず、程よいサイズバランスが特徴。「マニッシュなスタイルが好き。袖をロールアップして、トラウザーズにインする着こなしが今の気分ですね」。
ギンガムリネンシャツ¥24,000



by MARGARET HOWELL HOUSEHOLD GOODS

essentialthings55-03img
Stool 425
暖炉の前の最小スペースで使えるように設計された〈アーコール〉のファイヤーサイドスツール。乗馬の鞍を模した座面と4本脚のシンプルなデザイン。くさびで打ち付けた堅牢なつくりが特徴。2013年に復刻した〈マーガレット・ハウエル〉の別注。
手前のスツール425¥59,000
Stacking Chair
1957年にデザインされた〈アーコール〉のスタッキングチェア。マーガレット自身が幼い頃に親しんだ椅子だったことから、2004年に復刻させた。積み重ねることができ、シンプルなニレ材とブナ材を使用した、軽量で丈夫な木製椅子。
右手にあるスタッキングチェア¥70,000
Drop Leaf Table
1950年代に〈アーコール〉創業者ルシアン・アーコラーニがデザイン、2016年に復刻を果たしたダイニングテーブル。丸みを帯びた天板とナチュラルカラーの木目がクリーンでモダンな印象。使用目的により形や大きさを変えることができる。
ドロップリーフテーブル¥295,000
舞さんの母、引田かおりさん(左)の自宅でくつろぐ二人。英国の老舗家具メーカーの〈アーコール〉は、シンプルでモダンなデザインながら、ウッドの家具ならではのぬくもりが。かおりさん/リネンシャツ¥26,000、トラウザーズ¥27,000、座っている〈アーコール〉のバタフライチェア¥112,000 舞さん/上の写真で紹介 テーブルの上の〈フレスコ〉のフラワーベース¥16,000

 
essentialthings55-04img
Studio Prepa Tumbler
長野県在住の夫婦が主宰するガラス工房〈スタジオプレパ〉。スペシャルオーダーしたタンブラーは、シンプルなフォルムと口当たりの優しい厚み、適度な重みが魅力。
タンブラー各¥4,000、ニコラ・タッシーのジャグ¥25,000、アサフ・トルコフスキーのトレー¥9,000
essentialthings55-05img
Anglepoise Desk Lamp
英国の工業デザイナー、ケネス・グランジが2004年に製作した〈アングルポイズ〉のランプを〈マーガレット・ハウエル〉がカラーカスタマイズ。完璧なバランスを兼ね備え、独特のバネの仕組みにより、さまざまなランプの動きが可能。
Type 75デスクランプ¥28,000
essentialthings55-06img
Stripe Tea Towel
太番手のリネンでざっくりと織られたタオルは、乾きが速く、肌に優しいのが特徴。皿を拭いたり、ランチョンマットにしたりと、使い手のアイデア次第でさまざまな用途に活用できる。
ストライプティータオル¥3,000、プレート M¥950、L¥1,500、LL¥2,000
essentialthings55-07img
Noda Horo Butter Case
〈マーガレット・ハウエル〉がカラーカスタマイズした〈野田琺瑯〉のバターケースは、匂い移りがなく冷却性が高いのが特徴。蓋は桜の木を使用。
S¥2,800、L¥3,300、〈マーガレット・ハウエル カフェ〉のジャム¥650、〈ロバート・ウェルシュ〉のトーストラック¥9,000
 
●問合せ/MARGARET HOWELL/アングローバル ☎03‒5467‒7864  www.margarethowell.jp