&Essential Things — by MARGARET HOWELL | Recommendation | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

Recommendation

by MARGARET HOWELL / September 19, 2020 / 〔SPONSORED〕 &Essential Things

Cotton Gabardine Coat × Miwako Ichikawa

ブランド誕生50年を迎えた〈マーガレット・ハウエル〉。長年愛され続けるその魅力とつくりの良さについて、ブランドにゆかりのある人々にインタビューする連載シリーズ。第3回は、モデルで女優の市川実和子さんが登場。

photo : Norio Kidera styling : Lisa Sato (bNm)
hair & make-up : Yoshikazu Miyamoto (bNm) edit & text : Chizuru Atsuta

コート素材は滑らかなコンパクトヤーンを使用。生地の仕上げに超微起毛とバイオウォッシュをかけ、表面の光沢を抑え、柔らかさを引き出している。ウールフランネルのライナー付き。コ-ト¥83,000、シャツ¥31,000、トラウザーズ¥52,000、スニーカー¥19,000
コート素材は滑らかなコンパクトヤーンを使用。生地の仕上げに超微起毛とバイオウォッシュをかけ、表面の光沢を抑え、柔らかさを引き出している。ウールフランネルのライナー付き。コ-ト¥83,000、シャツ¥31,000、トラウザーズ¥52,000、スニーカー¥19,000

長年支持されてきた、シンプルでマニッシュなコート。

「〈マーガレット・ハウエル〉は自分のファッションのベースとなるブランドです。母が好きだったこともあって、スカートをはいて嬉しそうにしている姿や当時のロゴの絵柄など、幼心によく覚えています」と語るのはモデルで女優の市川実和子さん。当時の記憶が色濃く残っていて、気がつけば自身も好きなブランドになっていたという。
「最初に購入したのは、確か20代の頃、スタンダードな白いシャツでした。今でも贈り物で悩んだときなど、ショップに行ってホームプロダクトも選ぶことが多いです。良質でデザインもシンプルだから、贈られたらきっと嬉しいはずだと思って。どれも”間違いない”という安心感があるのもいいんですよね」
 職業柄、いろいろなファッションに袖を通す機会が多い市川さんだが、個人的にはシャツ、グレーのニット、デニムがスタンダードアイテムで、普遍性があり、実用的なものが好き。今回身に着けたコットンギャバジンのステンカラーコートは、〈マーガレット・ハウエル〉がずっと作り続けている、ブランドの顔となる、定番のマニッシュなアウターだ。「トレンチコートは、日本人には着こなしが難しい気がしていたところがありました。でもこれは、トレンチ風のディテールは採用されながら、ラグランスリーブのステンカラーコートなのでとてもシンプル。気軽に羽織れて、かなり着回しができます」
 若い頃はコーディネートで足し算をしていくことも好きだったが、年齢を重ねるうちに自然と削ぎ落とす作業をするようになり、徐々に自分の好きなものや欲しいものが絞られてきたと市川さん。
「昔から好きなものは変わっていないんです。あまり着てない時期があっても、捨てたくないので取っておくと数年後にふと着たくなる。自分のサイクルにはまる時期がやってくる、そんな服が多いです。〈マーガレット・ハウエル〉はどんな時代でも着られる服。そういったところもまた長く愛される魅力なんだと思います」

 
2009-mh-img02
2009-mh-img01
 

市川実和子
モデル・女優

1990年代より雑誌『anan』『CUTiE』などのモデルとしてカリスマ的な支持を集める。2000年の映画『アナザヘヴン』を皮切りに、『溺れるナイフ』『猫なんかよんでもこない。』(ともに2016年)など女優として活躍。ホラーからコミカルまで演じる幅の広さが魅力。


MH50  STORY 3/5

マーガレットの父親が着ていた園芸用のギャバジンのコートにインスピレーションを受けて、1970年代からアップデートを繰り返しながら作り続けているステンカラーコート。本人いわく「経年で柔らかくなったコートの袖をロールアップしてカジュアルに着ていたのを見て、同じようにできないかと思ったんです。シャツ生地を裏地にしてみたり、スルーポケットなどのディテールも採用しました。オーバーサイズで、ゆったりとした着心地を大事にしています」。


●問合せ/MARGARET HOWELL/アングローバル ☎03−5467−7864 

公式サイトはこちら