& Premium (アンド プレミアム)

Recommendation

by Blendy® ROASTERS & / December 20, 2019 / 〔SPONSORED〕 HAVE SOME COFFEE

この秋誕生した「ブレンディ® ロースターズ&」。大のコーヒー好きを公言する岩田剛典さんの「コーヒー」と「&」のストーリー最終話。

photo : Ai Tomatsu (model), Shinsaku Kato (products) styling : Yasuhiro Watanabe (model),
Nami Kagiyama (products) text : Naomi Yokoyama (cat)

 
1912-roasters-img01
仕事が終わって家に戻ったときに飲むこのコーヒーは、あらためてホッとできる味だと実感します。
 

岩田剛典 Takanori Iwata
EXILE、三代目 J SOUL BROTHERSのパフォーマー。映画『去年の冬、きみと別れ』で単独初主演を務める。10月スタートのフジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』に出演のほか、2020年1月31日公開予定の映画『AI崩壊』が控えるなど、俳優としても活躍。

 

FOR RELAXATION

1912-roasters-img02
一日を締めくくる「ロースターズ&」は、ゆったりと自分の時間を楽しみながら、翌日へとつなげるための一杯。

何かをしながら、飲みたくなる「&」なコーヒー。

深いコクと味わいの「ロースターズ&」は、今までのスティックコーヒーとは確かに違うと、コーヒー好きの岩田剛典さんは言う。丁寧につくられているからこその深みが、朝はシャキッと目を覚まさせ、日中は気分転換に、夜の落ち着いた空気のなかではホッとさせる。シーンや気持ちによって、それぞれに違う効果をもたらすという。連載の最終話は、家に帰ってからの夜の過ごし方。
「家に帰ったらまず風呂に入ります。それもシャワーじゃなくてちゃんと湯船につかる。汗がたくさん出る入浴剤を入れて。そしてストレッチをして寝ます。習慣というより毎日の儀式みたいなもので、どんなに疲れていても、お酒が入っていても、少しでもフラットな状態に体を戻してから寝ると、翌朝の体調が全然違うんですよ」
その穏やかな表情とはまた違う、ストイックな意志の強さが、EXILEと三代目 J SOUL BROTHERSを兼任する、ハードでパワフルなパフォーマーとしての彼の存在を支えているのかもしれない。
「オンからオフも、オフからオンも、コーヒーたった一杯で気持ちが切り替わる。僕にとって、それくらい効果がある存在なんです。『ロースターズ&』は、飲みながら何かしたい、何かしながら飲みたい。そんな気持ちにもさせられる味。少し余裕のある夜なら、音楽を聴きながら、映画を観ながら、本を読みながら、これを飲む」
まさに「&=~しながら」の、コーヒーなのである。

 
ブレンディ® ロースターズ&

「ブレンディ® ロースターズ&」

産地豆の特徴と焙煎度にこだわった、甘くないスティックコーヒー。「&」の由来は、コーヒーの風味を少なめのミルクが引き立てること。「ブレンディ®ロースターズ&」スティック コロンビア・ブレンド7本入¥240*編集部調べ

●問合せ/味の素AGF フリーダイヤル0120−17−8651

公式サイトはこちら