Recommendation

& Ise Shima / June 20, 2017〔PR〕 伊勢志摩さんぽ部

andise-title

まだまだあります、魅力的なスポット&お土産情報。


 

 

andise-p3-title-01

絶景だらけの伊勢志摩では展望台もマスト。

朝熊山頂展望台[伊勢]

伊勢湾を望みながら足湯も。

伊勢と鳥羽を結ぶ有料道路・伊勢志摩スカイラインにある展望台。朝熊山には伊勢の鬼門を守る金剛證寺もあり、かつては伊勢参りの後に参拝したという。鳥羽の町から伊勢湾、答志島、その先には富士山まで見えることも。標高500mにある眺望足湯もユニーク。

伊勢市朝熊町名古185−3 ☎0596−22−1810(伊勢料金所)6:00〜20:00 無休 普通乗用車¥1,250。近鉄五十鈴川駅からタクシーの利用も。
andise-p3-01


パールロード鳥羽展望台[鳥羽]

山の向こうに広がる海も新鮮!

鳥羽と志摩を結ぶ海沿いの道・パールロードは、海の眺めを楽しみながらドライブできる道。その中ほどの箱田山山頂にある展望台。初日の出スポットとしても知られるように太平洋が一望できるのはもちろん、起伏に富んだ山と海を360度眺められる箱田山園地からの景色もここならではのものとなっている。

鳥羽市国崎町大岳3−3 ☎0599−33−6201 9:00〜17:00 無休 JR・近鉄鳥羽駅からバスもあり。
andise-p3-02


大王埼灯台[志摩]

灯台好きには堪らない眺め。

昭和2(1927)年、志摩半島の大王崎に建てられた白亜の灯台。海とのコントラストが美しく、現役として活躍しながら、上って灯台から波切の町や太平洋を見晴らすことができる全国でも珍しい参観灯台。少し北にある四角い安乗埼灯台と並んで、国登録有形文化財に選ばれている。

志摩市大王町波切54 ☎0599−72−1899 9:00〜16:00 無休 料金¥200。近鉄鵜方駅からバスもあり。
andise-p3-03

 

andise-p3-title-02

おかげ横丁 神路屋

玩具をちりばめ伊勢づくし。

伊勢根付けや伊勢玩具など伊勢にちなんだ伝統工芸品や、伊勢型紙をアレンジした紙小物などを扱う店。開店した1993年から使われてきた包装紙は、どことなく伊勢型紙や伊勢木綿を思わせる、素朴な格子柄をベースに使ったもの。神宮で使われる木々を育てる神路山からとった店名にちなみ、山の緑をイメージカラーにした。獅子頭や独楽などがちりばめられた伊勢玩具は愛らしいものばかり。

伊勢市宇治中之切町52 ☎0596−23−8822 9:30〜17:30(季節により異なる) 無休
andise-p3-04b

 

andise-p3-title-03

松尾観音寺の縁むすび絵馬

縁を結ぶ5色の絵馬。

奈良時代初めの712年、行基によって創建された日本古来の厄除け観音。伊勢では厄除けで知られ、3月の最初の午の日にはこぞって参拝する人々で賑わう。大きく縁と書かれた絵馬は、赤が男女、白が仕事、緑が健康、黄色が財産、紫が人との様々な縁と5色が揃う。縁の字は一筆書きで縁が繋がるように、紐の先を結んでいないのはみずから縁を結べるようにとの願いを込めたものだ。各¥500。

伊勢市楠部町松尾山156−6 ☎0596−22−2722 拝観8:00〜17:00 無休 拝観料無料。
andise-p3-05

 

andise-p3-title-04

喫茶 モリ

素朴な「玉子サンドイッチ」。

関西と名古屋の食文化が入り混じり、たまご焼き系とゆで卵系が混在する伊勢。伊勢のソウルフードのひとつ、モリスパで知られる鉄板スパゲティが名物の喫茶店では、先代から受け継いだ味が人気だ。パンに塗るのはからしとマヨネーズ。しっかり焼いたたまごとキュウリをサンドした、懐かしい素朴さが魅力。からし抜きも可能なフレキシブルさもまた地元で愛される喫茶らしいもの。¥450。

伊勢市岩渕1−15−10 ☎0596−25−1729 10:00〜18:50LO 月休
andise-p3-06

 


andise-p3-title-05

旅の目的にしたい憧れステイ。

アマネム

地の恵みを五感で味わう。

世界の風光明媚な地にリゾートを作り上げてきたアマンが、日本で選んだのは伊勢志摩国立公園の中というロケーション。広大な敷地と和を意識した空間の安らぎ、進化系地産地消の料理に加え、最大の魅力は天然温泉だ。すべての客室に温泉が引かれ、水着で入るサーマル・スプリング(写真)など、身体全体で地の恵みを感じるリゾートとなっている。

志摩市浜島町迫子2165 ☎0599−52−5000 1室¥110,000〜(税・サ別)。
amanemu.com
andise-p3-07


伊勢志摩エバーグレイズ

自然を満喫する快適空間。

アウトドアでありながら機能性を兼ね備えたグランピングはリゾートホテルとはまた違う魅力あるステイだ。カヌーで過ごす時間も心地よいプライベートラグーン、ハンモックやWeber社製ガスグリルが備えられたアウトドアリビング、焚き火のためのファイヤーピットなど最上級の快適性がなによりの贅沢だ。

志摩市磯部町穴川1365−10 70120−592−364(受付9:00〜17:00) グランピング カリブ カヌー付き(1泊2食付き)1室2名¥45,100〜。
www.everglades.jp
andise-p3-08

 

andise-p3-title-06

衣 伊勢木綿 臼井織布

モダンな表情の伊勢木綿。

上質な綿を使い、単糸を使って織られる三重の伝統工芸品が伊勢木綿。肌触りがよく、使うごとに柔らかな風合いが出るのが特徴で、昔ながらの縞や格子の伝統柄が中心となっている。その伊勢木綿を広く知ってほしいと、生地が主役のバッグにしたのが外宮参道に店を構える『衣 伊勢木綿 臼井織布』だ。ドラムトートバッグ レザーハンドル各¥11,880。

伊勢市本町6−4 シャレオサエキ1F ☎0596−22−1128 10:00〜17:00 無休 地元の風物を描いた伊勢木綿の手ぬぐいもおすすめ。
andise-p3-09

 

andise-p3-title-07

赤福本店

夏限定の名物も欠かせない。

伊勢といえば神宮の次に名前が挙がるのが、赤福。夏だけのお楽しみは氷用に仕上げたぽってり滑らかなこしあんと、餅の入ったかき氷を抹茶蜜で味わう赤福氷だ。昭和36(1961)年、二見浦で海水浴客のために考案されて以来夏の風物詩的存在となっている。三重と名古屋の店舗でしか味わうことができない希少さもまた、心惹かれる理由。¥520。

伊勢市宇治中之切町26 ☎0596−22−7000 5:00〜17:00 無休 赤福氷は本店向かいの店舗で販売。9:00〜17:00(繁忙期は変更あり)
andise-p3-10



 

伊勢志摩国立公園

ナショナルパーク選定。

2016年に指定70周年を迎えた伊勢志摩国立公園は、国内で8か所の世界基準ナショナルパークに選定された。とりわけインバウンドへの対応を強化し、サミットの開催地として、神宮から息づく自然との共生の地として、古くから受け継がれる御食つ国として、ますます上質で、世界からの旅行者に長く滞在したいと思わせる旅の目的地となるよう、進化中だ。

1946年、戦後初の国立公園として指定。神宮とそれに連なる森、リアス海岸など志摩半島を中心に伊勢市・鳥羽市・志摩市・南伊勢町にかけ約6万ヘクタールの面積を占める。
andise-p3-11



 

みえ食旅パスポート

伊勢志摩を楽しく、おトクに。

伊勢志摩を巡るなら、まず手に入れたいのが「みえ食旅パスポート」。これ一冊あれば伊勢志摩だけでも200軒近くの「みえ旅おもてなし施設」で、プレゼントや割引などのおもてなしが受けられるお得ぶり。さらにスタンプラリーで多くのスタンプを集めれば豪華なプレゼントへの応募も可能。三重の魅力をますます実感させてくれるパスポートなのだ。

100以上の県内の各施設のほか、東京・日本橋『三重テラス』や大阪『三重県関西事務所』などでも入手できる。詳細はHPで。
www.kankomie.or.jp/miesyokutabi
andise-p3-12