&Theory

July 19, 2022 / 〔PR〕 〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子さんが、
毎日を心地よく過ごすための5つのセオリー。

ファッションブランドのデザイナーとして、多忙な毎日を過ごす前田敬子さん。
朝は活動する2時間以上前に起き、趣味の時間に充てる。
そんなふうに、意識的にリラックスタイムを取り入れるようになってから、
慌てることなく、穏やかに過ごせるようになったという。
そんな前田さんの、一日の5つの習慣。
 

8:00 朝起きてギターをつま弾く。

andpremium1413+ 〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子さんが、毎日を心地よく過ごすための5つのセオリー。
andpremium1698+ 〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子さんが、毎日を心地よく過ごすための5つのセオリー。
 

昔はバンドでベースを演奏していた、というほど音楽好きな前田さん。3〜4年前にふと思い立ち、持っていたエレキギターを弾き始めた。昨年には、「Respected Youth Hill」という名義で『LOVE SONGS』というCDも制作し、作曲までも手がけたそう。愛猫のえいたの側で、朝、起き抜けに弾くと自然と心も落ち着く。「楽譜を見ながら弾くのは苦手だけれど、自由にメロディを奏でるのは好き。TVや映画を流しながら、ジャズのコード進行で遊んだりします」。時にはアンプにつなげたりして、弦をつま弾きながら、心を整えている。

 

10:00 ヨガで体を整える。

andpremium1356+ 〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子さんが、毎日を心地よく過ごすための5つのセオリー。
 

10年以上前から、DVDや本などを見て真似しながら、自宅で続けているというヨガ。「朝、10〜15分程度、軽く運動すると目が覚めます。汗をしっかりかくような本格的なものではなく、簡単なポーズで、体に少し負荷をかけるくらいが私にとっては心地いいです。毎日続けることを大事にしたいから、柔軟体操の延長くらいの気持ちで取り組んでいます」。服装は動きやすい〈LOISIR〉のタンクトップにジョガーパンツ。「準備が多いとやる気がそがれてしまうので、気負わずにやれるのがいいですよね」

 

13:00 ネルドリップで淹れたコーヒーと、自然派おやつを味わう。

andpremium1321+ 〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子さんが、毎日を心地よく過ごすための5つのセオリー。
andpremium1339+ 〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子さんが、毎日を心地よく過ごすための5つのセオリー。
 

6〜7年前、東京・西永福にあるスペシャルティーコーヒー専門店『Jalk Coffee』でマスターが淹れるネルドリップコーヒーのおいしさに衝撃を受け、それ以来、自宅でもコーヒーを淹れる際は、必ずネルドリップに。「紙ではなく、布のフィルターで淹れるネルドリップだと、香りの立ち方や、口あたりのまろやかさが違う気がします。気持ちをリセットするための大切な一杯」。おともにするのは『おやつ屋 acope』のケーキ。「グルテンフリーで砂糖不使用、ドライフルーツだけの自然な甘さ。お店の方も"元気玉"と呼んでいるくらい、食べるとちからが湧いてきます」

 

16:00 近所の公園を散歩する。

andpremium1748+ 〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子さんが、毎日を心地よく過ごすための5つのセオリー。
andpremium1779+ 〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子さんが、毎日を心地よく過ごすための5つのセオリー。
 

週末や在宅勤務の日に、気分転換で出かける散歩は、前田さんにとって欠かせない習慣のひとつ。「あてもなく近所をうろうろするときもありますし、お気に入りのコーヒー豆を買いに出かけたり、地域猫に出会ったりすることも楽しみのひとつ。ふらっとカフェに入り、30分ほど休憩することもあります」。イヤフォンで音楽を聴きながら、外の空気を吸って、1時間程度したら帰宅する。その頃には、すっかり心も落ち着いている。

 

23:00 寝る前にアンビエント系の音楽を聴く。

andpremium1211+〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子さんが、毎日を心地よく過ごすための5つのセオリー。
andpremium1154+〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子さんが、毎日を心地よく過ごすための5つのセオリー。
 

寝る前のリラックスタイムは、愛猫えいたを抱きながら、アンビエントミュージックを聴く。「最近、特に気に入っているのは〈congés payés ADIEU TRISTESSE〉でもコラボレーションをした山口一郎さんのイラストによるジャケットが印象的な、細海 魚さんと、ライブで実際に観て素晴らしかったSatomimagaeさんのCD。照明を落とし、心地よいダウンテンポの音楽に心と体を委ねます」。ゆったりと休息しながら、また明日への英気を養っていく。

「"必ずやらなくちゃ"と思うと続かないので、すべて頑張らないルーティンです」と前田さんは言う。音楽や愛猫、コーヒーや自然......好きなものに囲まれながら、思いのままに過ごす。それが心身をヘルシーに保つ秘訣なのだろう。

 
 

前田敬子
Keiko Maeda

ファッションデザイナー

ファッションブランド〈LOISIR〉デザイナー。旅とコーヒー、音楽をこよなく愛する。現在は、えいた、にんにんと名付けた2匹の猫たちと暮らす。&Premium.jpにて〈LOISIR〉デザイナー・前田敬子による、保護猫・えいたと暮らす日常。連載中。

photo : Shinsaku Yasujima text : Shoko Matsumoto

この記事は、Daihatsu CANBUS theoryのスポンサードで製作したものです

大人のキャンバス、はじまる。CANBUS theory

自分らしいクルマに、自分らしく乗る。
誰かとくらべて、心をいそがしくするのではなく
自分の日々を丁寧に暮らしていくために。
見た目もいい。居心地がいい。走りも満足。
ようやく出会えた、私らしいクルマ。

theory-logo

2016年に発売し累計販売台数37万台超え(※2022年6月現在、ダイハツ調べ)、幅広い層に支持される軽自動車ダイハツ「ムーヴ キャンバス」が7月5日にフルモデルチェンジ。人気の2トーンカラーの「キャンバス ストライプス」に加え、モノトーンをベースに上質で落ち着き感のあるテイストに仕上げた「キャンバス セオリー」が新たにラインナップ。

私らしく生きる、私のセオリー。 &theory Daihatsu CANBUS theory
CANBUS THEORY スペシャルサイト