Book本屋が届けるベターライフブックス。

This Month Theme心地よい暮らしを感じる本。

Book 127 『すぐそばの工芸』三谷龍二 著(講談社) 選・文/本屋ルヌガンガ

すぐそばの工芸

手触りや質感といったテクスチャーに対する偏愛こそ、日本の工芸を形作ってきました。それは工芸が、使う人の「心地よさ」に寄り添い、生活の中で磨き上げられてきたからこそ。本書は木工作家・三谷龍二が、親密かつ深みのある筆致で、生活工芸の哲学と美学、そして現在地を伝える一冊。生活工芸は、仰々しい「作品」という枠組みから遠く離れて、余白を残した、静かな佇まいをしています。その控えめな美しさを発見し、工芸の持つ余白を埋めるのは、きっと使い手の感受性です。本書を読むと、工芸の世界の奥深さを存分に味わうため、自分の感受性を磨きたいものだ、と背筋がしゃんとしてくるのです。


lunuganga本屋ルヌガンガ

読む前から「それが何の役に立つのか」が明らかな本ではなく、純粋にその言葉の「肌触り」を味わえるような本であると同時に、読み終わった後に世界の​風景が少し変わってしまうような本を届けている。
香川県高松市亀井町11−13中村第二ビル1F
https://www.lunuganga-books.com/