& Essential Things 〈マーガレット・ハウエル〉と〈MHL.〉の夏小物。 | Article | & Premium (アンド プレミアム)

Fashion

May 20, 2021 / 〔PR〕 & Essential Things 〈マーガレット・ハウエル〉と〈MHL.〉の夏小物。

伝統をモダンにアップデート、 職人技で小物はより機能的に。

連載シリーズの第3回は〈マーガレット・ハウエル〉と〈MHL.〉。
素材と使いやすさにこだわった「夏小物」をフィーチャー。それぞれのつくりの良さを紹介する。

 
上質な牛革を使いながらもカジュアルな表情で仕上げたバッグ。¥61,600 使い込むほど、足に馴染むサンダル。¥88,000
上質な牛革を使いながらもカジュアルな表情で仕上げたバッグ。¥61,600 使い込むほど、足に馴染むサンダル。¥88,000

〈マーガレット・ハウエル〉で扱う素材のひとつにレザーがある。上質なオイルドレザーのショルダーバッグは、モダンでシンプルなフォルムが特徴で、本国のアーカイブをアップデートしたもの。全体を小ぶりにしつつ、マチを深めに作ることで、財布、携帯電話、化粧ポーチなどの必需品がしっかりと収まるサイズ。ショルダーストラップをバッグの背面側に付けることで肩から斜めにストラップを掛けたときに体にしっかりフィットしやすいカッティングにするなど、使用中の”持ちやすさ”を追求し、使い心地も快適。職人が一枚一枚、革を張り合わせながら手縫いしており、細部にこだわりと工夫が凝縮されている。
 アッパー部分がクロスに編まれた牛革素材のサンダルは、ものづくりにこだわりの強いイタリアの工場で、職人が欧米人の木型とは別に、甲高で幅の広い傾向にある日本人の足に合わせて木型を作り丁寧に製作している。どちらのレザーも使い込むうちに、柔らかく馴染んでいくのが魅力だ。

 

MARGARET HOWELL
英国を代表するクロージングデザイナー、マーガレット・ハウエルが1970年にスタート。良質を求め、モダンクラシックを更新し続けるスタイルが人気を博す。

 
肩掛けと手持ち、2WAYの持ち手テープが付いた、軽量素材のトートバッグ。¥16,500 3枚ハギで構成されたコットン素材のハット。¥10,450
肩掛けと手持ち、2WAYの持ち手テープが付いた、軽量素材のトートバッグ。¥16,500 3枚ハギで構成されたコットン素材のハット。¥10,450

 一方、〈MHL.〉の小物のコンセプトは“ユーティリティ”。ラフでタフでありながら、機能的であることが特に重要視される。ポリエステルコーティングのトートバッグもまた、イギリスのアーカイブサンプルをもとにデザインしたもの。ヨットの帆の部分に使われている“セイルクロス”という素材を使用することで、軽く薄い質感ながら高い耐久性を誇り、重量のあるものを入れても破れにくい。ペーパーライクな素材感もポイントで、使ううちにチョークマークがつくが、それもまた味となっていく。ラフな印象のハットは、シャツ地にも使われる高密度に織られたコットンツイル素材が特徴。漁師のレインハットがベースとなっており、後ろのつばが長くなっているのは、首元の日焼けを防いだり、雨をよけたりするため。折りたたみやすく、ウォッシャブルであるなど機能性も抜群だ。
 デザイナーのマーガレット・ハウエルが大事にするのは、素材、つくりの良さ、それを支える職人の仕事。服も小物も変わらないが、小物は用途がはっきりしている分、より機能性を重視している。デザインは過去のアーカイブからインスパイアされることが多いが、その中に必ず“今の空気”を取り込むのも特徴。伝統をベースにモダンにアップデートするというスタイルは、両ブランドを繋ぐ揺るぎないこだわりとなっている。

 

MHL.
2003年スタート。コンセンプトは「ファッション(実用性)」と「ユーティリティ(機能性)」。ワークウエアやユニフォームからインスパイアされたタフで機能的な要素はデザインソース。

●問合せ/マーガレット・ハウエル ☎03−5467−7864 

公式サイトはこちら

photo : Norio Kidera edit & text : Chizuru Atsuta

Latest Issueやっぱり、台所は大切です。2021.05.20 — 880円