Extra Issue

August 08, 2022 &Premium MOOK &Cooking / 真似をしたくなる、78人の手料理。

&Cooking / 真似をしたくなる、78人の手料理。
 購 入 

ムックの内容

素材や調理法にこだわったプロの料理を店でいただくのは、価値のある体験のひとつですが、家で食べるごはんには、それとは比較できない幸福感があります。今回、これまでに取材した総勢78人、全140品の手料理を一冊にまとめました。どれも手軽な材料で、思い立ったらすぐ作れるメニューばかり。挑戦した一皿が美味しくできたときのちょっとした達成感は、小さくても確かなBetter Lifeに繋がります。

 
映画監督、俳優、エッセイスト……と、多才さを発揮した伊丹十三。料理腕前も一流で、彼の食のエッセイを読んで、つい真似をして作ってみたくなった、という方もいるのでは。写真は、建築家や文化人類学者などの自邸を訪ね、そのお宅の台所を借りて本格的フランス料理に挑戦し、完成した手料理を一緒に食べながら対談をするという『文藝春秋』での連載をまとめた書籍『フランス料理を私と』 (文藝春秋/絶版) からの1カット。この回では、心理学者の岸田秀を訪ねて「平目の蒸し煮、シャンパンソース」などを振る舞い、「育児論」について語り合っています。 (写真提供/文藝春秋)
映画監督、俳優、エッセイスト……と、多才さを発揮した伊丹十三。料理腕前も一流で、彼の食のエッセイを読んで、つい真似をして作ってみたくなった、という方もいるのでは。写真は、建築家や文化人類学者などの自邸を訪ね、そのお宅の台所を借りて本格的フランス料理に挑戦し、完成した手料理を一緒に食べながら対談をするという『文藝春秋』での連載をまとめた書籍『フランス料理を私と』(文藝春秋/絶版)からの1カット。この回では、心理学者の岸田秀を訪ねて「平目の蒸し煮、シャンパンソース」などを振る舞い、「育児論」について語り合っています。(写真提供/文藝春秋)

家で料理を楽しむ人たちの、
とっておきの一皿と今日作りたくなるアイデア集。

昨今ますます、家で料理を作って楽しむ人たちが増えつつあります。いまある材料でパパッと作れる、簡単でおいしい料理は無敵です。そんな彼らのとっておきの一皿や、手料理の様々なアイデアをずらりとご紹介します。

福田春美さんの、喉越し爽やか、簡単すぎる!? とろ卵キュウリ和え麺。
福田春美さんの、喉越し爽やか、簡単すぎる!? とろ卵キュウリ和え麺。
伊勢達麻さんの、バルコニー菜園で収穫した香草野菜と豚肉のオイル和え。
伊勢達麻さんの、バルコニー菜園で収穫した香草野菜と豚肉のオイル和え。
小島 聖さんの、自家製の梅酢を使った鰯の梅煮と鰯のつみれ汁。
小島 聖さんの、自家製の梅酢を使った鰯の梅煮と鰯のつみれ汁。

料理のプロたちが、ふだん自宅でささっと作っているもの。

日常的に料理をしているプロたちは、ふだん自宅ではどんな料理を作っているのか。『&Premium』でもお馴染みの料理家やシェフたちに、ささっと真似したくなるような、おいしくて見た目も美しい料理を教えてもらいました。

伝説の家政婦、タサン志麻さんの、シンプルな毎日の家庭料理。
伝説の家政婦、タサン志麻さんの、シンプルな毎日の家庭料理。
タサン志麻さんの、ガツンと食べるフランス料理の定番メニュー。
タサン志麻さんの、ガツンと食べるフランス料理の定番メニュー。
料理家、渡辺有子さんが家で作る、オクラと梅干しのトマトスープ素麺。

料理家、渡辺有子さんが家で作る、オクラと梅干しのトマトスープ素麺。


基本から応用までのたまご料理と、この夏真似したい絶品スパイスカレー。

嫌いな人はほぼいないであろう、たまご料理とスパイスカレー。シンプルにして奥が深いたまご料理と、マニアも絶賛する3人のカレーマイスターのレシピによる自宅で作れるスパイスカレーを、ミニブックにまとめました。

白と黄のコントラストがきれいな目玉焼きと、手際のよさが決めてのオムレツ。

白と黄のコントラストがきれいな目玉焼きと、手際のよさが決めてのオムレツ。

自分のベストの茹で時間を探したいゆでたまご、冷めてもおいしいたまご焼き。

自分のベストの茹で時間を探したいゆでたまご、冷めてもおいしいたまご焼き。

30分で作れる、香り高い南インド風ブラックペッパーチキンカレー。
30分で作れる、香り高い南インド風ブラックペッパーチキンカレー。

<書籍のご購入はこちらから>

 
Latest Issue大人になったら選びたいもの、こと。2022.09.20 — 880円