Water南アルプス「水の山」通信

vol.3 / January 19, 2017 山梨・北杜より北杜市の“おいしい水”を全国に発信する。

03-main-image

北杜市の象徴である南アルプス・甲斐駒ヶ岳。山や森に降り注いだ雨が20年の歳月を経て、私たちのもとに届く。

多様な文化を育んできた日本には、地域それぞれの素晴らしい文化や自然があるが、謙遜する人が多い。各地に取材に行くと「ここには何にもないよ」という声をよく聞く。だが、堀内玲さんは「北杜市にはおいしい水がある」と胸を張る。

その水の背後には、豊かな自然とそれを守ってきた人々の営みがある。北杜市の観光・商工課に所属する堀内さんはそれを知っているので謙遜はしない。

堀内さんが料理人である父の仕事の関係で12歳の頃に神奈川県から南アルプスに引っ越したとき、家の水を飲んで驚いた。「なんておいしいんだろう!」

当時は、環境が変わり大きく戸惑ったが、今は父の選択に感謝している。

“地元の人”でありながら、“外の人”の目を持つ堀内さんは、北杜市を含む南アルプスの環境を高く評価する。観光・商工課では、地元住民と共に水の素晴らしさを考え、伝えていこうと「水の山 フューチャーセッション」を年6回開催。

「北杜市は合併して広くなった町。まずはお互いの地区のことを知ることから始めています。いつか北杜市という地名を聞いただけで“おいしい水”と連想してもらえたらうれしい」と目標を話す。そのためにはなにが必要なのか。
「この町が環境を汚してしまったら、話にならない。水の出所はきれいな場所でないと」

恵まれた自然に慢心せず、環境を守り、情報を発信していく。次世代に渡す水を堀内さんは、大切に守り育んでいる。


今月の人/北杜市職員

堀内 玲

Rei Horiuchi 堀内 玲

北杜市役所産業観光部 観光・商工課 観光振興担当主任。神奈川県横浜市生まれ、12歳のとき父の仕事の関係で白州町(現北杜市)に移住。子どもの頃からサッカーに親しみ、今も市役所チームのキャプテンを務める。
北杜市役所産業観光部 ☎0551−4‌2−1351
 
photo : Koh Akazawa text : Hideki Inoue edit : Akio Mitomi