Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

January 27, 2017 今月の選曲家 寺尾紗穂

January.27 – Feburuary.02, 2017

Saturday Morning

Nina Simone
Title.
Little Girl Blue
Artist.
Nina Simone
彼女のデビューアルバムの代表曲でもあるこの曲の前奏は、クリスマス・キャロル「Good King Wenceslas」の旋律が使われている。貧者を見捨てなかった賢い王をたたえるイギリスの聖歌。小さな女の子でも弾けそうなフレーズが次第に美しい和音を増していく。久しぶりに聞き直せば、いつでもその優しさに心が震える。デビューアルバムのピアノ弾き語りのみでも何の不足も感じないけれど、このアルバムではバンドバージョンで、ウッドベースがとりわけ心地よい。立ち上がるにはまだもう少し。でも雨粒を数えているうちに雨は止む。お天気の悪い朝でも、この曲を聴いたらそんな気持ちになれるはず。
アルバム『Nina Simone’s Finest Hour』収録。

Sunday Night

フォーレ:パヴァーヌ~管弦楽作
Title.
パヴァーヌ Op.50
Artist.
ボストン交響楽団ほか
ラヴェルの「亡き王女のためパヴァーヌ」は有名だけれど、その12年前、1887年に作曲されたこちらも負けず劣らず、切ない名曲。耳になじむテーマから、やがて深い森の中に迷い込んでいくようなファンタジックな展開に至るまでピチカートが不思議な存在感で続いてゆく。そもそもパヴァーヌというのは、16世紀ヨーロッパで広まったもので、舞踏の行進に使われたゆったりした音楽という。聴きながら、その光景を想像するだに素敵な空間が生まれていたのだろうと思う。日曜の夜、明日からの憂鬱を忘れるべく、異国の古い舞踏曲に導かれて、妄想世界をさまよいつつ眠りに落ちるのも良いかと。
アルバム『フォーレ:パヴァーヌ~管弦楽作』収録。

シンガーソングライター、エッセイスト寺尾紗穂

1981年、東京生まれ。2006年に『愛し、日々』でソロデビュー。セカンドアルバム『御身』は坂本龍一、大貫妙子らから高い評価を得た。大林宣彦監督作品『転校生 さよならあなた』や、安藤桃子監督『0.5ミリ』(安藤サクラ主演)の主題歌を担当した他、 CM(資生堂、ユニクロ、出光など)、文筆の分野でも活躍中。著書に『評伝川島芳子 男装のエトランゼ』(文春新書)、『原発労働者』(講談社現代文庫)、『南洋と私』(リトルモア)などがある。現在は文芸誌「すばる」(集英社)で「あのころのパラオをさがして」、「ウェブ平凡」(平凡社)で「山姥のいるところ」、「ウェブ本の雑誌」(本の雑誌社)で「私の好きなわらべうた」、「ウェブ花椿」(資生堂)で「銀座時空散歩」のほか「高知新聞」でのエッセイ執筆など連載多数。最新アルバムは日本各地で歌い継がれてきた“わらべうた”をリアレンジした2016年リリースの『私の好きなわらべうた』。