Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

December 09, 2016 今月の選曲家 中島ノブユキ

December.09 – December.15, 2016

Saturday Morning

Title.
Old Friends
Artist.
Simon & Garfunkel
一年の終わりを人生の終わりに例えるのが浅はかなのは分かっているけど、ふと一年の終わりを意識する頃にこの曲を聴きたくなる。この曲と対に置かれる”ブックエンドのテーマ”と共にポール・サイモンの人生観が滲みでているように思う。冬の公園のベンチの両端にブックエンドの様に座る二人の老人の姿に作者は自分達(サイモン&ガーファンクル)を重ねているのだろう。もちろんこの曲を聴く自分も重ねずにはいられない。
アルバム『Bookends』収録。

Sunday Night

Title.
Afline December Gift
Artist.
Metric Jazz National
季節感からすこし乖離した曲を聴くのも好きだ。アフリカの音楽で何か12月にちなんだ曲はと思って探していて出合った曲。アフリカの言語なのでどんな歌詞の内容なのか分からないけれども、イントロの音の動きに何だか雪降るイメージが重なるような、というかなり無理矢理な解釈をしてみたくなる。大体、12月に雪が降るのかな……。ちょっと独特の気合いの入っていない声がいい。
アルバム『Seven 7″FROM KENYA VARIOUS ARTISTS』収録。

作曲家、ピアニスト中島ノブユキ

ソロアルバム『エテパルマ』『メランコリア』『クレール・オブスキュア』『散りゆく花』等発表。各地でピアノソロや室内楽編成で公演を行う。NHK大河ドラマ「八重の桜」や「神様のボート」等のドラマ、映画『人間失格』『悼む人』の音楽を担当。菊地成孔・ペペトルメントアスカラール、畠山美由紀らのアルバムやコンサートで楽曲提供及び編曲を担当。リミックスワークとして中島自身のリミックスによる「Thinking of You」がホセ・パディーヤのコンピレーションに収録、全世界発売された。また2011年よりジェーン・バーキン ワールドツアー「Via Japan」(27ヵ国 約70数公演)の音楽監督を務めた。2016年より再びジェーン・バーキン ワールドツアー「GAINSBOURG SYMPHONIQUE」の音楽監督/オーケストラ編曲/ピアニストを務め世界各地で公演。またそのアルバムは2017年初春、世界発売される。自身の音楽レーベル SOTTO を2015年設立。