Movie極私的・偏愛映画論。

This Month Themeカフェカルチャーに出合う。

PINERO / August 20, 2016 『ピニェロ』

Selector

紺野真(〈organ〉オーナー)

ピニェロ 長場雄

アメリカ・西海岸のカフェに漂うストリートカルチャー。

 僕がアメリカ西海外で暮らした10年間で一番大きな影響を与えてくれた場所。それがカフェだった。カフェとは勿論コーヒーを出す場所でもあるのだけれど、僕の中でカフェとは、同時に「ストリートカルチャーが生まれる場所」でもある。そこはお金持ちのおじさんが若い女の子を連れて来て、生まれ年のワインをごちそうするような場所ではない。お金は無いけれど夢はある人たちが集まり、何かを作りだそうという夢を告白し、実現へ向けて計画を画策する場所だった。そしてそこは、まだ日の目を浴びていない、何か表現をしたい者に、発表の機会を提供する場所だった。同じアンテナを持った者達が集い、そこに集まる者達によって空気が作られていた。だから僕が通った西海岸のカフェは、全然ほっこりなんかしていなかった。時に危険で猥雑な香りもするし、時にドキドキするような興奮に出合える場所だったのだ。
 映画『ピニェロ』は、実在する〈ニューヨリカン・ポエッツ・カフェ〉の創設者の一人、ミゲル・ピニェロの半生を描いた作品だ。ピニェロはニューヨークで育ったプエルトリカンをニューヨリカンと呼び、自身のマイノリティーとしてのアイデンティティーを詩や演劇を通して主張し続けた。彼はストリートに溢れるニューヨリカンの代弁者だったのだ。作品中に出てくるポエトリーリーディングのシーン。即興ジャズの演奏をバックに、感情むき出しで詩を詠むピニェロ。文章で読む詩とはまるで違う世界。むしろラップやロックミュージックに近いものを感じる。まるでほっこりなんかしていない。もっともっと強いメッセージがあって、強烈な余韻を残すものだった。そう、ピニェロも〈ニューヨリカン・ポエッツ・カフェ〉も僕が通った西海岸のカフェも皆すべてストリートカルチャーの発信元だったのだ。この映画には、僕が魅力を感じたアメリカのカフェと同じ匂いが漂っている。そして僕はこう思う。ああ、僕が身を置きたいのはこの匂いのする場所だと。

illustration : Yu Nagaba
movie_chart0816
正直ストーリーは単調だ。ただ、当時のニューヨリカンムーブメントをリアルに感じる事が出来る。そしてそれを彩る音楽やファッションも魅力的。俳優陣も実際にピニェロを知っている人達が多く、彼らはピニェロについてリサーチを重ねたと聞く。それだけにかなりリアルさがある。
20120523_90c482
Title
『ピニェロ』
Director
レオン・イチャソ
Screenwriter
レオン・イチャソ
Year
2001
Running Time
95分

Makoto Konno紺野真(〈organ〉オーナー)

1969年生まれ東京都出身。学生時代に渡米し、飲食店でアルバイトした経験がこの業界へ入るきっかけに。修業時代に自然派ワインと出合い、そのおいしさの虜になる。独立後、2005年に自然派ワインとともにフランス料理が楽しめる店〈uguisu〉を三軒茶屋にオープン。のち、2011年には西荻窪にワインビストロ〈organ〉を開店。エンターテインメント性の高い料理が支持を集めている。