Eyesあの人が見つけたモノ、コト、ヒト

April 06, 2017 ジェンダーフリー時代、映画『彼らが本気で編むときは、』 浦江由美子

2017.04.06

ジェンダーフリー時代、映画『彼らが本気で編むときは、』

『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督の新作が今年のベルリン映画祭のLGBTをテーマとしたテディ・アワードで審査員特別賞を受賞しました。荻上監督はベルリンのオーディエンスとの質疑応答で「ゲイじゃない俳優(生田斗真さん)がこの役を演じるのはなぜ?」と質問を投げかけられています。でも、この役はゲイが演じるべきと決めたのはいったい誰だろう?  1人の人間が恋をし、編み物をしながら生活を営む淡々としたストーリー。日本からのジェンダーフリーの意識が評価された結果だと感じました。

 
urae-01
ベルリン映画祭での上映は5回、連日満席でした!

ライター・コーディネーター浦江由美子

うらえ・ゆみこ/ベルリンを拠点にアート、建築、デザインを中心にヨーロッパのライフスタイルのインタビューや取材を行なう。